人気ブログランキング |

SAMAその他資料

Global sex: India and the global market in assisted reproductive technologies.

Sama–Resource Group for Women and Health (2012). Birthing A Market : A Study on Commercial Surrogacy

Sama - Resource group for women and health (2010). Unravelling the fertility industry: Challenges and strategies for movement building

Sama - Resource group for women and health (2010). Constructing conceptions: The mapping of assisted reproductive technologies in India. Delhi: Sama.

Sama Team (2007). Assisted reproductive technologies in India: Implications for women. Economic and political weekly 42, 23, pp. 2184-2189.

Srinivasan, Sandya (2010). Making babies: Birth markets and assisted reproductive technologies in India. Delhi: Zubaan.

Sarojini, N; Marwah, V; Shenoi, A (2011). Globalisation of birth markets: a case study of assisted reproductive technologies in India. Globalization and health, 7 10.1186/1744-8603-7-27.

Sarojini, N, Marwah V (2011). Reinventing reproduction, reconceiving challenges: An examination of assisted reproductive technologies in India. Economic and political weekly 46, 42.

Surrogacy.
Rao, Mohan (2012), 'Why all non-altruistic surrogacy should be banned,' Economic and Political Weekly 47, 21, pp. 15-17.

Sama, The Regulation of Surrogacy: Questions and concerns. Kafila.org (10/01/2012).

Pande, Amrita (2010). Commercial surrogacy in India: Manufacturing a perfect mother-worker. Signs 35, 4, pp. 969-992.

Pande, Amrita (2009b). “Not an ‘Angel,’ Not a ‘Whore’: Surrogates as ‘Dirty’ Workers in India.” Indian Journal of Gender Studies 16(2):141–73.

Bhargav, Padma (2006). Gujarat becomes the preferred medical tourism destination: More than 1,000 NRIs and foreigners visit every year. Canada free press, December 7. http://www.canadafreepress.com/2006/india120706.htm.

Krishnan, Vidya (2008). Baby biz: India set to trump global surrogacy laws. Express India, October 20. http://www.expressindia.com/latest-news/Baby-biz-Indian-set-to-trump-global-surrogacy-laws/375458/.

Qadeer, Imrana (2009). Social and ethical basis of legislation on surrogacy: Need for debate. Indian Journal of Medical Ethics, 6, 1. This is open source and available online.

Banerjee, Sneha (2012). 'Emergence of the 'Surrogacy Industry.' Economic and political weekly 47, 11.

IVF and embryo research
Editorial (1990). Embryo research: Why and for whom? Economic and political weekly 25, 20, p. 1061.

Aditya Bharadwaj, ‘Sacred conceptions clinical theodicies, uncertain science and technologies of procreation in India.’ Culture medicine and psychiatry, 30 (2006): 451-465.

Aditya Bharadwaj, ‘Biosociality and biocrossings: Encounters with assisted conception and embryonic stem cells in India,’ In Sahra Gibbon and Carlos Novas (eds.), Biosocialities, genetics and the social sciences: Making biologies and identities (Abingdon and New York: Routledge 2008), pp 98-116.

Peter Glasner and Aditya Bharadwaj, Local cells, global science: The rise of embryonic stem cell research in India (New York: Routledge 2009).

Jyotna Gupta, ‘Exploring appropriation of ‘surplus’ ova and embryos in Indian IVF clinics.’ New genetics and society 30, (2 June 2011), 167-180.

'Medical tourism'
Sengupta, Amit (2011). Medical Tourism: Reverse Subsidy for the Elite. Signs, 36, 2, pp. 312-319
by technology0405 | 2014-02-27 10:38 | Materials | Comments(0)

"Birthing A Market”

“Birthing A Market”(2012)
1章:インタビュー対象(代理母、エージェント、病院、依頼親)のプロフィール
2章:代理出産をはじめるにあたって: 動機と交渉
3章:医療的処置とその影響
4章:子どもの引き渡し:契約、接触、管理
5章:代理母への報酬:取引の値段とパターン
6章:スティグマ:折衡と正当化への道
7章:問題点

“Birthing a Market”はSAMAが2012年に出した商業的代理出産に関する調査報告である。代理出産ビジネスに関わる者たち――代理母、仲介業者、医師、依頼親――のインタビューが分析されている。

調査機関
2011年12月―2012年4月

インタビュー対象
デリー・・・代理母6人、エージェンシー1機関、医師2人
パンジャブ・・・代理母6人、エージェント1機関、医師3人、依頼親1組

調査内容
• 代理母は代理出産をどう捉えているか。動機や契約内容についてどう考えているか。
• 代理出産での身体利用はどう捉えられているか。またその意味するところは何か。
• 代理出産にかかわる医療行為について。その手順、指針、基準はどのようなものか。
• この重層的なビジネスにおいて、誰が代理母の脆弱性に責任を持つのか。

女性が誤った情報を伝えられる、あるいは代理母になることによる影響を理解していないといった状況では、選択の議論がいかに無意味かということが報告を通して主張されている。代理母は、多くの場合、周囲に気後れし、孤立しており、質問ができるような状況ではない。代理母になること自体がスティグマ化され、(同時に依頼者の不妊というスティグマも背負わねばならず)、周囲には妊娠自体を隠さねばならない。医師やエージェンシーには「問題ない。」「大丈夫。」「自分の子供を生んだ時と同じ。」といった言葉でしか対応してもらえないので、後になって直面するかもしれない健康影響や問題を予測することができない。代理母は、状況に身を任せ、治療を受け、予期しない痛みや合併症にも黙って耐えることが求められる。代理母になるかどうかを決める時、報酬や保険が考慮の対象となっても、身体的影響が判断要因になることはない。本調査報告では、代理母によく起こる健康上の問題として、身体虚弱、両側肺炎、注射によるしこり、倦怠感、嘔吐、眩暈などが挙げられている。産後すぐに母乳を止める注射を病院で打ったが、結局母乳が出て家で非常に痛い思いをしたという代理母もいた。

Birthing A Market : A Study on Commercial Surrogacy
Sama–Resource Group for Women and Health
First published in 2012


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-10-24 13:45 | Materials | Comments(0)

2012年10月、インドの女性活動グループOur Bodies Ourselves (OBOS)が、ニューデリーの女性権利団体SAMAと、ネパールのWomen’s Rehabilitation Centre (WOREC)の創設者Dr. Renu Rajbhandariと共に、カトマンズで、渡航代理出産について話し合うワークショップを開催した。

代理出産のために来印するカップルが年間25,000組、代理出産を実施するセンターが1000施設と、既にインドで好況ビジネスとなっている代理出産が、ネパールに広がるのは時間の問題である。貧しく、働けるあてもない状況下で、代理母に魅力を感じるネパール人女性は多いであろう。代理出産の報酬はインドで大体$5,000 -$7,000で、農村部の人々にとっては年収の10倍にもあたる可能性がある。

WORECがホストを務めたこのワークショップには、女性の権利活動家が全国から集まり、CBRCにおける市場の拡大や、ネパールへの影響、女性を効果的に教育・エンパワーするための戦略などについて理解を深めた。またNY在住の映画製作者Vaishali SinhaとRebecca Haimowitzによる『Made in India』と、SAMAが最近公開した『Would Like to See Baby Bump Please』、2本のドキュメンタリー映画の鑑賞も行なった。 

<インドの代理出産規制>
カトマンズのIUIクリニックの看護師2名、ヘルスカウンセラー数名、産科瘻孔(ろうこう)患者の心理社会的カウンセラー、家族計画コーディネーター、女性季刊誌の編集者、女性人権擁護団体のメンバー数名、看護学の教授、セーブ・ザ・チルドレン(国連承認のNGO)のメンバー、東ネパールの女性ラジオ放送局のスタッフなどが参加者であった。ワークショップは、主にヒンディー語とネパール語、必要であれば英語の通訳を入れて進められた。

SamaのメンバーSarojini とPreetiは、議会で議論中のART法案の説明を交えながら、インド代理出産の概要を述べた。この法案は、依頼父の精子を使った人工授精でなく胚移植による代理出産だけを認めている。
人工授精の方がはるかに安全であるため、ワークショップの参加者の多くは人工授精も選択肢に入れるべきという意見であった。胚移植の場合、代理母の体は強力なホルモン注射と外科的措置に晒され、リスクが大きい。

法案では、代理母が自己卵子を使用した場合は子供に愛着が生まれ手放し難くなるが、他人の卵子を使えばそうした懸念が減ると推測されている。しかし、この仮説を支えるエビデンスは乏しい。

<用語の重要性>
例えば、依頼親の渡航の実態を見ると「リプロダクティブ・ツーリズム」という当てつけ感の漂う単語よりも、「国境を超えた商業的代理出産(cross-border commercial surrogacy)」という用語を使用する方が適切だと考えられる。
同様に「surrogate mother」「gestational carrier」という用語は、女性が9ヶ月間妊娠し出産するという実感を薄める。ワークショップではより記述的な「妊娠母(gestational mother)」という用語を使用した。

<ネパールの準備>
本質的に、商業的代理出産において、依頼親とエージェンシーの利益が代理母のニーズや利益に反映されることはない。だからこそSAMAやWORECなどの団体は、公共政策として代理母を保護し啓蒙することを主張している。万一の場合にはフォローアップ治療や償還を確保できるような政策も進められるべきである。

ワークショップの参加者たちは、ネパールでも同様の法案が準備されることを望んでいる。ネパールの女性活動家たちと情報を共有し、代理母の健康と権利を守る方法を模索したい。参加者はART自体についてよく知らなかったため、医学的、社会的、経済的影響について多くの質問が出た。

インドとネパールの国民はビザなし、パスポートなしで両国を行き来でき、ネパール国民はインドで自由に働くことができる。そのため、ネパール人女性が代理母としてインドに出稼ぎに行くケースも大いに考えられる。また、この先ネパールの政治経済的状況が整えば、ネパールにもARTが普及し、インドと似た状況になることは容易に予想がつく。
インドの代理出産に関する情報をネパールの女性活動家が共有しておくことは、大きな意味を持つだろう。

OBOS Goes to Nepal: Women’s Health Activists Discuss Cross-Border Surrogacy

Sama: Resource Group for Women and Health

WOREC NEPAL

Our Bodies Ourselves

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-12-21 17:04 | Countries | Comments(0)

Bill2010に対するSAMAの指摘

報酬
2010年法案では、代理母への報酬を5回の分割払いとし、5回目に全報酬の75%を支払うことが規定された。つまり、出産しなければ報酬の大部分は受け取ることができない。2008年法案では、報酬は3回の分割払いで、全報酬の75%が最初の支払いで渡されることになっていた。これは、単に依頼親寄りの規定になったというだけでなく、「目に見える結果」つまり子供が得られない場合は、感情的、身体的リスクを伴う代理母の労働や妊娠は無価値だということである。従ってこの改訂は、アンバランスかつ搾取的で、代理母に不利なものだ。

IVFとIUI
法案ではIVF-ETによるgestational surrogacyのみを認めており、IUIによるgenetic surrogacyを認めていない。Genetic surrogacyを排除することで、代理母が子供を引き渡さない可能性をなくそうというのである。しかし、IUIによる代理出産が可能な場合にはそうする方が、商業的要素も少なく侵襲性も低い上、提供卵子の過度な使用を防ぐこともできる。

回数
2008年の法案では代理出産による分娩が3回まで、という規定だったが、現法案では自分の子供の出産も含めて5回まで、となった。しかしこの規定の方法は不適切である。生児出産数では、それまでに代理母が受けたサイクル数は分からない。規定の5回の生児出産に到達する前に、数知れないサイクル調整と胚移植を経験する可能性がある。代理母の健康を考えると、代理母が受けるARTサイクルの最大許容数を規定すべきである。

依頼親
法案では、「独身者」「婚姻カップル」「非婚姻カップル」がARTを利用できると述べられている。しかし、カップルの定義は「インドにおいて合法的に性関係を持つ」2人の人間、とある。さらに、婚姻カップルと非婚姻カップルの定義は「自国において合法な婚姻関係あるいはパートナーシップを結んだ」カップルとなっている。この3つの定義の解釈が不明である。またゲイカップルにARTを認めるかどうかという点も明確にする必要がある。

後見人
代理出産の依頼親が外国人の場合、前もって地元の後見人を決めておき、依頼親が子供を引き取れない場合には、後見人が引き取らなければならない。後見人は子供を養子に出しても良いし、自分で育てても良い。このように後見人の責任は重大であるので、その役割をはっきりと画定し、悪用のないよう監視する必要がある。

The Regulation of Surrogacy in India: Questions and Complexities
[samawomenshealth April 23, 2011]

The Regulation of Surrogacy in India – Questions and Concerns: SAMA
[KAFILA January 10, 2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-10 15:51 | Countries | Comments(0)

SAMAの批判

SAMA(女性の権利と健康のための活動をしているデリーの団体)が2009年に出した論文には、インドのART法案Draft Assisted Reproductive Technology (Regulation) Bill and Rules-2008への批判が書かれている。

・代理母への支払いに関する矛盾
26条6項では「精子バンクは配偶子ドナーや代理母を募集することができ、その支払いはバンクが行う」とあるのに対し、34条2項では「場合によっては、代理母は代理出産への同意に対し、カップルあるいは個人から金銭的補償を受けることが認められている」、精子バンクと代理母の契約用紙(書式R2(4))では「代理出産の報酬は依頼者(夫婦)によって支払われ、精子バンクは代理母の要求に報酬という形で応じる義務はない。その他代理出産の期間中に生じた費用についても、バンクが代理母に支払う義務はない。」とある。

・ARTの危険性についての言及が不十分
Rules6.13に「ARTは、母と子供にわずかな危険 (small risks)をもたらす」とあり、多胎妊娠、子宮外妊娠、自然流産、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の危険が述べられている。こうした危険は命にかかわるものであるのに、そうした認識がない。

・代理出産
法案では代理出産はgastational surrogacy(妊婦と子供に遺伝的つながりがない)でなくてはならない。つまり代理母は、自分の卵子が健康であっても必ずIVFを経験せねばならず、より簡単な処置で妊娠できる子宮腔内受精は認められない。

・法律の適用対象が狭い
法案ではIVFクリニックと精子バンクに焦点が当たっているが、IVFやART、卵子提供や代理出産を推し進めているのは、クリニックとバンクだけでなく、コンサルタント会社、機関、代理業者、旅行会社など多岐にわたる。こうした組織も‘プレイヤー’として役割を明確化し、規制すべきである。

・ARTを受ける女性の年齢
60歳の女性がARTにより妊娠した例もあるように、年齢の壁を乗り越えることが挑戦として進められるていくことは、女性の健康が深刻なダメージを受ける可能性を含むので、政府の監視が必要である。一度に移植できる胚や受精卵の数も、年齢によって決められるべきである。

・精子バンクの役割とは?
26条1項「配偶子の採集、検査、保管、取扱いは精子バンクによって行われる」とあるように、ART処置の重要な部分が、理論的根拠もなく精子バンクに任されている。しかし、精子バンクに関しては、ARTクリニックのように、運営資格やスタッフについて規定が明記された条項があるわけではないので、このままでは精子バンクが仲介者として市場操作を行い、ドナーや代理母を搾取する危険性が高い。クリニックとバンクの役割を明確に区別することが必要。

・新たな技術への対応が不十分
法案では、現状に限られた狭い範囲でのARTしか規制されておらず、日々進歩する新しいART技術に対応することは不可能。IVFで発生した余剰胚を使った胚幹細胞の研究に対する規制もない。こうした研究は文書で規制するべきである。

・広告について
カップルが「カースト、民族、血統などに言及せずに」代理母を募集することは認められている一方、ARTクリニックが代理母を募ることは34条7項で禁止されている。しかし、広告代理店、代理母あっせん業者、女性誌、メディカルツアーや旅行会社による卵子ドナーや代理母の募集は法律の対象外である。個人情報が詳しく記載されている新聞やネットの広告が出回っている現状で、クリニックにだけ禁止しても、新たな業者が増えるのを阻止することはできない。こうした広告にもさらに規制をかける条項が必要である。

・子供の位置づけ
35条1項「婚姻関係にある夫婦の間にARTで生まれた子供は嫡子とし、・・・・」婚姻関係にあるカップル、婚姻関係にないカップル、シングルの男性、女性に生まれた場合に分けて列挙する根拠が不明確。婚姻関係にある夫婦に生まれた子供だけを嫡子とみなす考え方は、子供の生命の尊厳を冒している。

・養子の認識が不適切
Rule 5.4には、ARTが不成功に終わった場合の最終手段として養子縁組が述べられており、これはARTが不妊解決として最も望ましいという誤った偏見を植え付ける。


商業的代理出産の認可を明文化したこの2008年の法案は、医者の利益を優先し、代理母や子供の健康や権利には妥協しているとして一部の専門家から批判されてきた。例えば、代理母は3組のカップルと契約することができ、それぞれのカップルのために3回まで胚移植を受けられる。つまりIVFの処置を9回まで受けられることになり、これは女性の健康を破壊しうる回数である。また卵子提供は、3か月以上の間隔をおいて計6回も可能。

2010年にはDraft Assisted Reproductive Technologies (Regulation) Bill and Rules 2010が出された。法案の特徴は、商業的代理出産を禁じ、利他的な代理出産のみを認める点、同性愛カップルによるARTの使用を認めない点などが報告されている。法律がどのようなものになるにせよ、審議している間にも代理出産市場は拡大し続けている。

Surrogacy: Law's labour lost? 
[The Hindu 2010.7.24]

不妊産業に対するSAMAの見解
Unraveling the Fertility Industry: Challenges and Strategies for Movement Building ...
[SAMA January 22 – 24, 2010]




Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-09-07 13:29 | Countries | Comments(0)

代理出産と女性の権利

SAMA(女性の権利と健康のための活動をしているデリーの団体)の活動家Preeti Nayakの見解
「代理出産はたいてい搾取的。代理母たちは、驚くほど沈黙を保っている。」
「IVFを3回するだけでも女性の体には十分負担がかかる。医者は他の選択肢(子供を諦める、養子をもらう)をほとんど提示しない。」
「一番気がかりなのは代理母の身体的・精神的負担。母体の死を含めた危険をARTははらんでいる。」

ムンバイの不妊クリニックの経営者Dr Aniruddha
「インドでの代理出産の数は倍増している。多くの医者がすぐに、最後の選択肢として代理出産を勧ている。規則にのっとれば、インドで一年に行われている3万回のIVFのうち、本当に代理出産が必要なのは1%程度。」
「インドの代理出産は過剰に、間違って行われている。医者の金儲けのために、必要のない女性まで。」

ムンバイの医師Dr Hrishikesh Pai
「今代理出産に手をつけるほど馬鹿じゃないよ。代理出産はあくまでIVFを使った不妊治療の一部。人間の感情に関わってくるから・・ビジネスにすべきじゃない。」

The Lives Of Others
From Tehelka Magazine, Vol 5, Issue 40, Dated Oct 11, 2008

Sama:Resource Group for Women and Health

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-07-30 15:45 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)