人気ブログランキング |

2019年8月10日

卵子提供で母親になったJake
5年ほど前に双子を妊娠したの。卵子提供で3人の子どもがいるわ。6歳になるRose, 4歳になる双子のJackとMeggie。31歳の時から体外受精を始めて6サイクルもやったけど、結局妊娠しなかった。卵子提供をやって4人もの卵子ドナーを依頼して5サイクルの体外受精をやったわ。21週くらいで3回も流産した。体外受精を始めたのは、今から11年前の話になるわ。子どもたちには生まれた時からオープンにしている。ストーリーブックを作って、話している。家族内では共有しているけど、家族以外には話せていない。
あるとき、夫の仕事関係の友人を呼んでディナーパーティーをやったの。そしてある女性が、私と子どもたちは似ていないわねといった。
私は卵子提供だと言えばいいと思ったけど、夫の顔を見ると凍り付いていた。だから私も彼も何も言えなかった。帰り道に尋ねたら、彼は何っていいかわからなかったといったわ。でも私はとてもオープンな人間だから。その夜は彼と議論になった。
もしシングルなら、周囲の人たちには話すことになるだろうとも思った。それで、VARTAに連絡してみたの。Kateと電話で話した。そして、教えてもらったビデオも見たわ。その女性は、8歳の時に精子提供で生まれたことを知ったみたい。夫にも子どもたちにもビデオを見せた。そして全てが変わった。
私はオープンだけれど、誰にでも話す必要があるとは思っていない、例えばスーパーマーケットであった人ととかには話す必要がない。だからたくさん判断してきたわ。必要な人だけに話すようにしている。私はここで自分のストーリーを話したけど、Rose、Jack, Maggieにもそれぞれ自分のストーリーを語って欲しいと思っている。
一番上の娘は、DNAについて理解しているので、卵子ドナーや精子ドナーの意味もわかっている。娘は友達にはこのことはいっていない。そんな興味がないといっている。でも、娘にその準備ができたら、私は手助けしようと思っている。

匿名精子ドナー
自分は匿名で精子を提供していた。そして30年もの間、ずっと匿名だったんだ。でも今は完全に変わった。法律が変わって、ドナーの情報がオープンになったからね。自分が精子を提供したのは80年代半ばの頃だった。実は、精子ドナーになるというのは妻のアイデアだったんだ。妻はは今日ここにも来ているよ。だから保証人のようなものだ。彼女はABCか何かのラジオ放送で医師のインタビューを聞いて、それを思いついたみたいだ。それで私はたくさんの検査を受けて、精子ドナーになれた。そのとき、自分を含めてメルボルンには13人のドナーしかいなかった。たくさんの書類にも記入した。その一つが、non-idetifying informationというものだ。それで書いたのは、数学が苦手だということ、絵を描くのが好きでスポーツが得意だと書いた、あとは忘れたかな? そのあと、この提供の結果はどうなったんだろうととても興味が湧いたんだ。それである日、電話がなった。それはBirths, deaths, and marriagesの女性からのものだった。
彼女は、子どもに会いたいかといったんだ。自分はその時ちょっと待って、といった。そして1989年にSarah, Robbyが生まれていることを知ったんだ。12日後に、彼らとあった。彼らにとってとてもexcitingもな出来事だったと思うよ。Robbyは、いつ知ったか覚えていないといっていた、多分3歳くらいだろうと。最初から知っていたと。それでドナーにあう事をとても楽しみにしていたと。18歳の誕生日ブレゼントとして、このミーティングを父親と母親にセッティングしてもらった。それでとても興奮していたね。
Sarahはまた全然ちがう性格だ。彼女はもっとプライヴェートな性格で、メイルと電話からゆっくりと進んでいった。彼女がいった事で興味深かったのは、自分の絵画への関心がどこからきたか理解できたと話した事だ。彼女の家族にはそういった特性がないらしい。それで絵画をメールで交換した。5分後には互いの絵を交換していたよ。彼女は象の絵を送ってくれた。そのあと、Sarahに会った。彼女とはたくさんのメールを交換した、いろんな事を話したよ。Sarahはティーンエイジャーで、この事を受け入れるのが少し難しそうな感じだった。
彼らとの関係は、親としてのものでいないよ。だからRobbyとは女の子の話もした。どうやって女の子をモノにするかとか。自分は10代の時はとてもシャイだったといったら、彼もそうだといったね。それ以外では、健康や医学的な情報についても交換したよ。向こうはとてもそのことに関心を持っていたし、私には相手の家族の側のことも知って欲しいという感じだった。そういうオープンさが好きだ。
自分にはオーストラリア以外に3人の子どもがいるみたいだ。いつも日があう時があるのかどうかわからないけど。

卵子提供で生まれたMel
8歳の時に、自分がどうやって生まれてきたかを知った。そしてドナーにとても興味があって。私は家族とは違っていると感じていた。18歳の時、親には内緒でBirth, Death, andMarriagesに行って、ドナーのことについて知るために連絡した。そこで、書類に記入して、同意して。そして突然その日がやってきた。ドナーと会った気持ちは、とても妙だった。2-3時間も話した。私はミュージシャンで、私のドナーはといえば、コーラスに関心があると言った。私はサクソフォンを演奏する。クラッシックが好き。コーラスも歌う。
私のママはとても保守的なカトリック教徒で。私がドナーにコンタクトをとる事をとても不安がっていた。
私が小さい頃から、ママはそのことをとても不安がっていることを知っていた。だからずっと、ママの気持ちとバランスすることを考えてきた。そしてママがドナーに会いたくないし来ないということをいうのではないかと思っていた、だから待つ必要があった。
そして実際にドナーに会うことを告げたとき、ママはとてもショックを受けていた。
ドナーとの面会には、ママも同席した。涙を流して、ドナーにありがとうと言ってハグした。その瞬間のことを忘れられない。



d0170396_09212767.png
d0170396_09221080.png
d0170396_09222966.png






by technology0405 | 2019-09-16 09:31 | Materials | Comments(0)




Health Records and information Privacy Act 2002 (NSW)

医療機関では、指紋、網膜指紋、身体標本、遺伝子情報などの個人情報を扱う。こうした個人情報をどのように扱うかについての法律が存在する。

ただし、以下の情報は含まれない
・30年以上前に死亡した個人の情報
・すでに公表されている個人の情報
・すでに図書館や美術ギャラリー、研究や展示会場にて開示されている個人情報

健康情報とは、
・身体的心理的健康または障害に関する個人の情報
・将来どんな健康サービスを受けたいかについての希望に関する個人情報
・すでに個人に対し提供された健康サービス、またこれから提供されるであろう健康サービスについての情報

など、特に、この中には、以下のものが含まれている。

(c)その他、個人の身体の一部、組織や身体の物質の提供またはこれから提供するものに関する情報
(d)遺伝子に関する情報

この法律の目的として:
・公的機関、私的機関での健康情報のプライバシーが保護されること
・個人が健康情報にアクセスできるようにすること
・健康情報の保護とその適正な使用とをバランスすること

が含まれている。










by technology0405 | 2019-08-28 14:53 | Materials | Comments(0)



d0170396_19205423.png


オーストラリアタスマニア州では、1970年代、80年代くらいまで、新鮮精子を使った人工授精が行われていたと考えられる。
あるクリニックでは、4-5名の精子ドナーがいて、女性と対面せず新鮮精子が提供され、5人の子供が生まれたらそこで提供はストップされた。
また、別のクリニックでは、精子ドナーが足りなかった。そこで、医師自らが精子を提供していたという。

この報告書による提案は以下の通りである。

・タスマニア州はドナーからうまれた人の情報へのアクセスの問題に対応すべきである。

・個人を特定する情報も、特定しない情報も共に強制的に登録されるべきである。

・全ての記録は、一箇所のセンターに登録されるべきである。恐らくはBirth, Deaths and Marriagesが適所である。

・ドナーと親、子供らの間に入って調整し、サポートする人々が必要である。

・2004年以前の提供に関しては、Contact Veto/preference statement システムが導入されるべきである。ドナーのプライバシーはバランスされるべきである。

・ボランタリーな登録制度もまた必要であり推奨されるべきである。記録が抹消されているケースもあり、その場合に有効である。

・子の出生証明書に追加情報がある旨をを記載すべきである。

・ドナーの個人を特定する情報/特定しない情報へのアクセス権を16歳以上の子どもに認めるべきである。周囲の大人のサポートがあれば、決断は可能である。


ドナー情報の開示に対して積極的である理由として、養子法との関連が指摘できる。

タスマニアの養子法 (Adoption Act 1988)には、次のように記載されている。

・18歳以上の子供は養子前の出生記録にアクセスできる。

・18歳未満の子供の場合、養親の同意書があればアクセスできる。

・生みの親、その子、その子孫は、養子に出した子に関する個人を特定しない情報にアクセスできる。養子が18歳以上になれば
個人を特定する情報にアクセスできる。

・養親は、生みの親の個人を特定しない情報をいつでも得ることができる。また、養親の同意書があれば、個人を特定する情報を得ることができる。

タスマニア養子法Contact Vetoについて
・関係者はcontact vetoを出すことが可能である。違反すれば処罰される。また、いつでも撤回できる。
・Compulsory Consultation: 情報を得る際には、カウンセリングを受けることが必須である。


ビクトリア州の養子法(Adoption act 1984)について
・18歳以上の養子は、オリジナルな出生証明書にアクセスできる。
・18歳未満の養子は、養親の同意書があればアクセスできる。そして、生みの親の同意書があれば、個人を特定する情報にアクセスできる。
・生みの親とその子供は、養子について個人を特定しない情報にアクセスできる。養子が18歳以上になって、同意書があれば、養子の個人を特定する情報にアクセスできる。もし18歳未満であれば、養親の同意書で代用できる。
・Contact Vetoのシステムはない、Contact Preferenceのシステムはある。
・養子になった人は、自分でコンタクトをとることもできるが、専門家に援助してもらうこともできる。







by technology0405 | 2019-07-06 19:22 | Materials | Comments(0)

オーストラリアは精子や卵子の提供、代理出産などに関して日本よりもはるかにオープンな社会である。
とくにビクトリア州は、出自を知る権利について先進的な取り組みで知られ、2017年から過去に行われた全てのドナー情報がオープンになる。親の側に告知を義務づける法律はないが、告知をすることが望ましいというコンセンサスがあり、親も告知することを自然なこととして受け入れている。以下は、精子提供で生まれたことを両親から告知を受けたシドニー在住の若い男性による証言である。

「11歳か12歳のとき、精子提供で生まれたことを知った。両親の前に座らされて、父親は遺伝的父親ではないことを告げられた。弟がいて、弟は別のドナーからの精子提供で生まれている。弟も5年後に同じように告知されたようだ。父親とは何となく違うと前から感じていた。例えば父親は数学とサッカーが好きでできるが自分はできない。自分はクリケットが得意だが父親はできない、など。思春期になる前で同性のロールモデルが必要な時期に告知された。とてもショックで、そのとき、何も話せなかった。その後、両親とこの話をしたことはない。弟ともこの事については一切話したことがない。このことについて10年あまり考えつづけて、やっと1年前からグループで自分の経験を話すようになった」

告知は、思春期前のできるだけ早い時期に行うのが良いとされている。マニュアルに沿った形で、両親は告知を行ったものと考えられる。だが、それはもしかしたら遅かったのかもしれない。また、できるだけリラックスした環境の中で行われるのがよいとされている。だが、このケースでは両親の前に座らされ、とてもリラックスした雰囲気の中で真実告知が行われたとは思えない。彼はこの事実を大きなショックをもって受けとめたが、それを両親に告げることなく、思春期を過ごした。

「親は子どもに嘘をつかないで欲しい。自分の場合は、父母がそろって話をしてくれたので幸運だったと思う。当事者グループの人たちは、父親が死んだ後とか、離婚した時とか、人前でとか、いろいろな状況で突然知らされた人もいる。そういうのはよくない。あくまでも計画された状況で告知されるのが望ましい。家の中でリラックスした状況の中がいい。自分は11歳で知らされたが、実際にはもっと早いほうがいい。早ければ早いほどいいと思う。」

告知を受けたことで大きなショックを受けたというが、告知されたこと自体はよかったと受け止めている。

ドナーについてはどう思っているのだろうか。

「ドナーについては是非とも知りたいと思っている。ドナーの情報については、個人を特定しない情報については生まれた病院から得ることができる。弟とはドナーが違うので、弟とこの話は一回もしていない。親が病院に申請すれば、もう少し色々情報が貰えるのかもしれないが、やっていない。理由は、両親にドナーの情報が欲しいと言えていないから。父親はドナーの情報が知りたかったら協力すると言ってくれた。しかし、父親を傷つけるのではないかと思い言い出せていない。ドナーは、二人目の父親ということはない。父親の兄弟とか、おじさんとか、家族の友人とか、そんなイメージ。ドナーには会いたい。家族が落ち着いたときいずれ話をしたいと思っている。」

ドナーから生まれたという事実を知ったとき、ドナーを知りたいという人がいる。とはいえ、実際には同じドナーから生まれ、同じ家庭で育った兄弟姉妹でも、ドナーに対する興味の程度は違う。一人はとても興味があるが、もう一人は全く興味がないということもめずらしくないという。しかし、若い頃には興味がなくても、のちに結婚や子どもの誕生などをきっかけにドナーに興味を持つようになることもある。一般に、ドナーを自分とは無関係な他者として、生涯いっさい関心を払わない人は少数派ではないだろうか。

父親についてはどのように思っているのか。

「父親と目の色(母とは同じ色)や趣味が違うことや父親の親戚とも違うことについては、よく意識しているが、母親と違うことについてはあまり意識しない。母親とは近いが父親とは遠い。母親とは考え方や仕草などよく似ている。しかし父親のことはとても尊敬している。自分の子どもではないと知りながらも愛情を注いでくれたから。」

父親とは距離があると述べている。また、遺伝的に違うということを意識することが多いという。自分を遺伝的つながりがないことを知りながらも誠実に育ててくれた父親には感謝し、尊敬しているという。

彼は、告知をしてくれた両親には感謝をしており、表面的には良好な関係を築いている。しかし、内心では大きなショックを受けており、さらにそのように傷ついていることを両親に悟られないように一層気を使っている。両親が思い切って告知をしたことは評価できることかもしれないが、彼の事例からは、告知の方法や時期などは、非常に繊細な問題であることがわかる。そして、真実を知ったことによって彼が影を背負ったことは認めざるをえない。

気をつけなければならないことは、親は告知をしさえすれば責任を果たしたことにはならないということである。むしろ、告知した時から信頼関係を構築するプロセスは始まる。告知は一度きりのものではなく、子どもの成長に合わせて繰り返し行い、なぜその選択をしたか、その選択をした結果、子どもを存在をどう受け止めているのか、親は子どもの人生に寄り添っていくことが必要である。

告知がもたらすネガティブな影響に目を留めたかといって、子どもに真実を告げないということはもはや推奨されるべきことではなく、精子や卵子の提供、代理出産などを利用して子どもを持とうとする親は、この事実について受け止めた上で、技術を利用するかどうかを選択する必要がある。


※この記事は「平成27年度 厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業」によるものです。


d0170396_1045623.jpg

by technology0405 | 2016-04-13 11:36 | Discussion | Comments(0)


昨日、中国自然弁証法研究会生命倫理学専門委員会と広州医学院が共同主催する「第二回全国生命倫理学学術会議」が開催された。会議では「代理出産」「精子提供」の匿名原則、いわゆる「代理出産や精子提供で生まれた子供に出自を告知すべきか」という問題をめぐって議論を交わした。
華中科技大学大学院哲学科の学生斎佳は代理出産の社会的役割を肯定しつつ、以下のような代理出産のもたらす弊害への注意を喚起した。

①代理出産の実施は一人っ子政策と相反するものである。「生育許可」のない出産で生まれた子供は戸籍の確保が非常に困難であり、監護権の認定も難しくなる。
②養育権、面会権など、代理母の権利が保障できない。
③代理母と依頼者の間に不倫が起こる可能性が高い。
④売春、蓄妾の疑いがある。

ベルギーゲント大学生命倫理研究所の廖挙紅は「ヒトには自分の出自を知る権利があり、一刻も早く精子寄付で生まれた子供に出自を知らせるべきだ」と述べた。家族との関係の維持や差別問題を考慮する上で、廖は「双軌制(二重制度)」の実施、すなわち「提供者は匿名で寄付するかどうかを決め、レシピエントのカップルは匿名で提供された精子を使うか、個人情報を公開している精子を使うかを決める」という折衷案を提言した。

2008.12. 8 「代理出産や精子提供で生まれた子供の出自を知る権利 出自を告知すべきか」
by technology0405 | 2015-03-03 13:01 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)