人気ブログランキング |

PSREI倫理ガイドライン

Philippine Society of Reproductive Endocrinology and Infertility, Inc. (PSREI) 2011
"Guidelines on the Ethics and Practice of Assisted Reproductive Technology and Intrauterine Insemination"
October, 2011

(省略)

7条 定義およびART倫理
ARTの定義
ヒトの卵子、精子、胚の取り扱いが付随する、妊娠を目的とした治療行為。IVF(体外受精)、ICSI(顕微授精)は含むが、人工授精や薬物療法(排卵誘発)は含まない。

(省略)

8条 ARTの利用が認められる患者 /ARTの臨床的適応
ART/ IVFの利用が認められる者
1.夫と妻両方から書面でのインフォームド・コンセントが得られている婚姻カップル
2.ART / IVFの適応条件を満たすすべての年齢の女性。ただし新鮮胚移植をすでに5回以上経験した者は除く(凍結胚移植に関しては制限なし)。40歳以上の女性は、その年齢層の成功率が低く、異常児のリスクが高まる点について、適切なカウンセリングを受けなくてはならない。

9条 ART / IVFによって生まれた子どもの福祉
ARTによって生まれた子どもの福祉が損なわれてはならない。このことは、ARTを実施する前からすべてのカップルに対し確認しておく。また、ARTで生まれた子どもは、自分がARTで生まれた事実を知る権利がある。情報の公開は親の責任とし、分別のつく年齢に達した子供に親が知らせる。

10条 生命の始まり
人の生命は、精子と卵子が結合し受精卵を形成した受精の瞬間から始まる。
* 受精卵とは2前核胚を指す。厳密にいうと、受精後14日以内を前胚(pre-embryo)と呼び、原始線条あるいは胚軸の出現後を胚 (embryo)と呼ぶ。これは、原始線条の出現後は双生児への分離の可能性がなくなり、胚が一人の人間になることが確実になるからである。

受精卵、前胚、胚の道徳的地位
受精卵、前胚、胚はすでに一個の人間とみなされ、成人と同様に完全な道徳的保護を受ける資格がある。

11条 凍結保存
凍結保存および凍結保存施設
様々な不妊治療において、凍結保存は一般に認められた効果的な補助技術である。最近の数々の調査が、凍結保存の効果と安全性を立証してきた。凍結保存施設は、どのARTプログラムにおいても以下の理由で必要だと考えられる。
1.多胎妊娠の可能性を減らす
2.治療費の負担を減らす
3.治療サイクル数が増えることで妊娠率が上がる

胚の凍結保存
ART治療を受けるカップルは、後の使用のために余剰胚を凍結保存することにあらかじめ同意しなければならない。カップルが余剰胚の凍結保存に同意しない場合、卵胞刺激は最小限にとどめ、作成した胚は新鮮サイクルにおいて移植する。
* 胚はヒトになる可能性を持っているため、尊重・保護されるべきである。

精子・卵子の凍結保存
精子・卵子の凍結保存は、将来の胚の質を守るため、国内外の標準的ガイドラインに従わなければならない。特殊な状況下にある独身者が、将来結婚した時に使用できるよう配偶子の保存を希望することを認める。
* 癌患者には、妊孕性温存と将来的妊娠のため、凍結保存という選択肢を治療前に知らせるべきである。癌患者に対し、生まれてくる子どもの福祉を理由に生殖補助の提供を拒否してはならない。未成年の癌患者が配偶子保存に同意し、その介入が子供の純便益を高める可能性が高い場合は、親による子どもの妊孕性温存のための行為を認める。患者の死その他の偶発的出来事が起きた場合の凍結配偶子の処分に関しては、詳細な取り決めを設けておく。

凍結配偶子・凍結胚の処分
ART治療を開始する前に、すべてのカップルから、以下の点に関して、書面による合意を得ておく。
1.配偶子/ 胚の保存期間
2.無能力状態、別居・婚姻無効・離婚、死亡などが夫婦に起きた場合の配偶子/ 胚の後見人
3.無能力状態、別居・婚姻無効・離婚、死亡などが夫婦に起きた場合の配偶子/ 胚の処分

12条 第三者の関わる生殖補助医療
配偶子提供、胚提供
提供された卵子、精子、胚の使用はいかなる不妊治療においても道徳的に認められない。

代理出産
不妊カップルのために第三者が妊娠する代理出産は、フィリピンでは認められない行為である。代理出産は、未解決の道徳的・法的問題をはらんでいる。

13条 移植胚の個数と減数手術
移植胚の個数
品胎以上の多胎妊娠の潜在的リスクを考慮し、患者に移植する胚は3個までとする。しかし、以下の条件のいずれかに当てはまる場合は、3個を超えて移植してもよい。
a. 妊娠した胎児全てを、NIC施設を有する病院で出産できることが確実である場合
b. 患者が少なくとも2回以上IVFで失敗している場合
c. 女性患者の年齢が35歳より上である場合
d. カップルが余剰胚の凍結保存を希望しない場合

減数手術
品胎以上の多胎妊娠における減数手術は容認できない。慎重な卵巣刺激と、移植胚の個数を減らすことで、多胎妊娠を予防することが強く推奨される。

14条 着床前遺伝子診断(PGD)
性選択目的や、異常児を避けるために特定の遺伝病を突き止める目的で実施されるPGDは、配偶子に対しても胚に対しても認められない。

15条 前胚/胚研究
前胚および胚の研究
国民の間で一般的な宗教的信念を考慮すると、現時点において、前胚および胚研究がフィリピンで実施される余地はない。

16条 HIV陽性患者に対するART治療
HIVは深刻だが管理可能な慢性疾患なので、遺伝的につながりのある子供を持ちたいという患者が出てくる可能性もある。リスクを減少させるための療法(抗レトロウイルス療法、帝王切開分娩、授乳しないなど)をカップルが実践するなら、技術的・経済的に対応能力を持つ不妊治療クリニックが、そうしたケースを扱ってもよい。 

17条 ART治療の無効性
医師が患者のベネフィットとリスクを評価し、患者に成功率の低さを十分に伝えていれば、無効あるいは予後不良が予測されるケースでも、治療の実施が認められる。医師が無効あるいは予後不良と判断すれば、その治療法の選択を拒否しても構わない。

18条 特別な場合
上記の規定のいずれかに抵触するような場合、あるいはどの規定にも当てはまらないような場合には、そのART施設を監督する倫理委員会に対し、正式な判断を求めることができる。その場合、判断要請に対する評価や承認は、問題となっている治療が実施される前に完了していなければならない。

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-12-02 16:57 | Countries | Comments(0)

d0170396_15372317.jpg

(source: http://infochat.com.ph/2013/04/1-out-of-10-filipinos-suffer-from-infertility-hope-for-starting-families-launched-to-aid-couples-in-seeking-treatment/)


製薬会社Merck Seronoによる委託研究によると、フィリピン人不妊カップルの多くは最初の診察には行くが、高額な治療費や治療に対する無理解がその先の治療を妨げているという。Merck Seronoは、ドイツ・ダルムシュタットに本社を置くMerckの生物医薬品部門である。

Merck Seronoは、フィリピンで不妊治療啓蒙キャンペーンを始めるあたり、この研究結果をリリースした。このキャンペーンは"Hope for Starting Families"と呼ばれ、主要都市でのフォーラム開催や、www.fertilityphilippines.comといった不妊専用のウェブサイトを通じ、フィリピン人カップルに不妊治療に関する情報を提供することを目的としている。ウェブサイトには、国内の医師や不妊センターのリストをはじめ、不妊の原因や治療についてなど、不妊カップルが必要とする情報が詰まっている。

国内では治療が受けられないとか、海外の方がより成功率が高いなどといった誤解がフィリピン人の間にあり、それが治療の妨げの一つになっているとMerckはいう。Merckはキャンペーンを通して、フィリピン国内でも5つのARTセンターで治療が受けられ、その成功率は国際的にみて遜色ない数字であることを強調し、不妊カップルは躊躇せず不妊治療専門家の助けを求めてほしいと伝えている。不妊治療の成功は国内でもすでに確立されており、「我々が多くのカップルの妊娠を30-50%の成功率で手助けしてきたことを、ここに喜んで報告したい。」とMerck Seronoのアジア太平洋地域社長Tim Kneenは語った。

Asia Pacific Initiative on Reproduction (ASPIRE)に承認された“Starting Families Asia”と名付けられたMerck Serono の委託調査は、この種の研究では最も大規模なものである。アジア諸国10か国の女性1000人が調査対象となった。この研究によって、不妊について重大な知識格差があること、またこの知識格差が、不妊および不妊治療の選択に大きな影響を与えていることがわかった。

Hope for Starting Families

1 of 10 Filipino couples have infertility problems—survey
By Frances Mangosing
[INQUIRE.net August 24th, 2013]

Every couple deserves a family
by Pola del Monte
[HerWord.com, April 2, 2013]

1 out of 10 Filipinos suffer from Infertility: Hope for starting families launched to aid couples in seeking treatment
[INFOCHAT.com April 3, 2013]

Starting Families Asia

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-11-18 15:51 | Countries | Comments(0)

2011年8月フィリピンのマカティで開催された第11回Global Consultation on Child Welfare Servicesで、 社会福祉部門を統轄するAlicia Bala次官が、児童売買の新種形態である胎児の人身売買について紹介した。これは、妊娠したフィリピン人女性を旅行者として合法的に海外に連れて行き、そこで待っている養父母に生まれた子を売るというものである。

この報告が出されたのは、フィリピンが海外養子制度を改善するなどの努力をし、米国務省による人身売買報告でティア2 WATCH LIST(監視対象国)の評価をようやく脱した矢先のことだった。
現在フィリピンでは、孤児や棄児を含む400-500人の子供が、Inter-Country Adoption Board (ICAB)の制度にのっとって海外に養子に出されている。養親に対する入念な調査とマッチングが行われた後、多くのフィリピン児童が、アメリカやカナダ、フランスや他のヨーロッパ諸国の家庭に、養子として合法的に迎え入れられる。ハーグ国際私法会議の代表者Jennifer Degeling氏は、フィリピンの国際養子縁組制度について、訓練を受けた専門家が適切に手続きを処理しており、他の国の手本となるものだと評した。

Bala氏によると、フィリピン人妊婦が移動する子供売買のケースは、2011年の時点で2件の事例が報告されているという。1件は2009年にオーストリアで、もう1件は2010年にマルタ共和国で発覚した。「これは氷山の一角に過ぎない。あらかじめ仕組まれた計画にのっとって、フィリピン女性が出産し、子供を引き渡す。フィリピン女性も最初から海外に養子に出すつもりでいるので、子供を引き取ろうとしない。」

母親は合法的にフィリピンを出国できるので、こうしたケースは受け入れ国からの報告がないと見抜くことが難しいという。「旅行者を引き止めることはできない。妊婦が海外に行くことについて移民局職員が介入するわけにはいかない。フィリピン国内に仲介人がいるのだろう。」とBala氏は言う。

マルタは、これまでにも、性的人身売買被害者になりやすい東欧女性の供給、中継そして需要国とみなされてきた。マルタに一時収容されるアフリカ移民もまた、子どもも含めて人身売買の対象になりやすいことが問題視されている。フィリピン人妊婦が人身売買の中継地点であるマルタで出産し、そこから子供が海外養子に出されるという、新しい子供人身売買のルートが確立されている可能性は十分考えられる。

New racket: Trafficking in unborn babies
By Tarra Quismundo
[Philippine Daily Inquirer, August 18th, 2011]

Pregnant Filipino woman sold unborn child to Maltese parents
[MALTA TODAY, 19 August 2011]

Maltese Authorities investigating unborn child trafficking case
by Elaine Attard
[MALTA INDEPENDENT, 20 August 2011]

Malta raises alarm over Filipino trade in unborn babies
[Trade Union Congress of the Philippines (TUCP) , Mar 28, 2012]

マルタ:拘束される移民たち
[Human Rights Watch, 2012年07月18日]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-10-18 13:47 | Countries | Comments(0)

フィリピンの新しいリプロダクティブ・ヘルス法(The Responsible Parenthood and Reproductive Health Act of 2012 (Republic Act No. 10354)、RH法)は、避妊の選択肢の保障、中絶した母体の保護(中絶自体は禁止)などを定めており、女性の権利の促進として大きな期待を持って迎えられた。しかし2013年1月17日の施行後もいまだにローマカトリック教会から激しい反対に遭っている。フィリピンの最高裁は3月19日に、反対派の意見を聴きRH法の合憲性を再度はかるため、RH法の120日間の施行停止命令を下した。

1987年憲法には「母の生命と、受胎からまだ誕生しない胎児の生命(the life of the unborn from conception)も等しく保護するものとする。」という記載があり、プロライフ派が新RH法に反対する際の根拠になっている。カトリック教会は、新RH法が、中絶、安楽死、同性間結婚の合法化の第一段階になるのではないかという懸念を強めている。

 “The Responsible Parenthood and Reproductive Health Act of 2012″

Reproductive Health Law suspended indefinitely by Supreme Court in Philippines
by Adam Cassandra
[LifeSiteNews.com, Jul 16, 2013]

【フィリピン】 リプロダクティブ・ヘルス法の成立
前 海外立法情報課・遠藤 聡
[外国の立法 (2013.4) 国立国会図書館調査及び立法考査局 短信]

SC stops RH for 120 days
By Edu Punay
[The Philippine Star, March 20, 2013]

フィリピンの女性の歴史的な勝利―リプロダクティブ・ヘルス法成立
[ジョイセフ事務局長 鈴木良一によるコラム RIO's NET, 2013-08-01]

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-10-07 15:36 | Countries | Comments(0)

フィリピンの香水ビジネスの大富豪として知られるJoel Cruz氏が、2012年9月に代理出産で双子を得て話題となった。香水ブランドの会社Aficionado Germany PerfumeのCEOである Cruz氏は、ゲイであることを以前から公表していた。

双子はPrince SeanとPrincess Synneの男女。モスクワの病院で、ロシア人女性から卵子提供を受け、ロシア人代理母から生まれた。代理母候補者の中から、自分の好みで代理母を選ぶことができたと、Cruz氏は話している。

フィリピン医師会の副会長であるLeo Olarte医師は、代理出産という選択は「親が決めること」ではあるが、「当事者たちは拘束力のある契約を結び、子供の処遇がきちんとなされるようにすべきである。」と語った。

今のところ、フィリピンには生殖補助医療に関する法律がない。外国人代理母から生まれる子供の国籍に関しても、定まった規定があるわけではない。
 

Gay perfumer has twins through surrogate
[ABS-CBNnews.com 12/13/2012]

Joel Cruz Looks Forward To Birth Of His Baby Twins
By ALEX VALENTIN BROSAS
[mb.com.ph September 3, 2012]

Perfume King Joel Cruz became a father of surrogate twins
[www.surrogacy.ru]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-02-27 14:32 | Countries | Comments(0)

フィリピンのART法

フィリピンでは、最先端の生殖補助医療を行う病院も増えつつあるのだが、ART関連の法律はできていない。かろうじて、人工授精で生まれた子供の地位が、家族法の中に記載されているのみである。

Family Code 164 条には、人工授精についての箇所がある。
「両親が結婚している期間に妊娠、あるいは出産した子供は、その両親の嫡子である。妻の卵子と夫の精子、または提供精子、または夫とドナー両方の精子による人工授精で生まれた子供は、同様に妻と夫の嫡子とみなす。ただし、双方が子供の誕生前に人工授精を認める書面にサインしている場合に限る。文書は、子供の出生証明書と共に登録機関に記録される。」

このように法律は人工授精で止まっており、生殖技術の現状に追いついていない。

New Civil Code 9条には、以下のようにある。
「裁判官と裁判所は、沈黙や不明瞭な点の存在、法の不備を理由に、判決を下すことを拒否してはならない。」

つまり、生殖補助医療で生まれた子供の地位などについて争われた場合には、人工授精までしか想定されていない不十分な法律と現実のギャップを、裁判所が埋めるというかたちになる。

ART (ASSISTED REPRODUCTIVE TECHNOLOGY) AND ITS LEGAL INNUENDOS:
A Challenge for a Statutorial Renovation

by Jesusa R. Lapuz


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-07-08 16:27 | Countries | Comments(0)

近隣のアジア諸国の中で、フィリピンはメディカルツーリズム産業の着手に出遅れた。今、その出遅れを取り戻そうと、国策の一環としてメディカルツーリズムの推進がなされている。安い医療コスト、多くの看護師・介護士・・こうした潜在力を備えたフィリピンが、将来的にメディカルツーリズム産業の分野で力を持つ可能性は高い。

フィリピンが、雇用の促進と外貨獲得のためにメディカルツーリズム・プログラムを制度化したのは2004年である。低価格の高度先進医療、英語の話せる医療従事者、心のこもったケア、観光資源の豊富さなどが大々的に宣伝された。

しかし、多くの外国人患者を呼び込むには、外国の医療保険を現地で適用できるようにすることが重要である。国際機関からの承認を受けた病院でなら、外国人患者がフィリピンでの医療費を自分の保険でカバーできる。フィリピンでは、この認可病院が現在ようやく3施設になった(St. Luke's Medical Center が2003年に、The Medical City が2006年に、Chong Hua病院が2009年に認可された)。

観光省によると、2006年から2007年にかけてのメディカルツーリズム産業の収益は3億5000万ドル、2009年にフィリピンを訪れたメディカルトラベラーは約10万人で、一人が少なくとも2000ドルを費やした計算になる。これは2008年に政府が掲げた70万人の目標をずっと下回る数である。現政権の目標は2012年までに10億ドル、2015年までに100万人。

フィリピンはインド、タイ、シンガポール、マレーシアに大きく水をあけられている。そうした状況でこの目標を達成するためには、積極的に市場開発に乗り出す必要がある。シンガポールのように、十分な予算をつけ、政府系機関に実行させるべきだと、観光省の製品研究開発部Elizabeth Nelle氏は言う。

2010年には、41の病院、 45の温泉施設、個人病院、信仰療法士などが提携してHEAL Philippines(Health and Wellness Alliance of the Philippines)を結成した。フィリピンのメディカルツーリズム促進のため、政府のプログラムのもと、治療施設と観光施設が連携した取り組みを進めている。

Nelle氏によると、フィリピンに来るメディカルトラベラーが最も多く利用するのが「Beauty Holidays」ツアー、つまり美容整形である。タイやマレーシア、シンガポール、インドよりも費用が安い。フィリピンでは1900ドルでしわ取り手術が受けられ、これは近隣諸国の中で最安だという。フィリピンでは宿泊費も他国の半分程度で済む。他には歯科処置の「Smile Holidays」と眼科処置の「Vision Plus Holidays」が人気のツアーである。

しかし、そうした美容系の治療ではなく、冠動脈バイパス移植手術など通常の医療処置となると、タイやインド、マレーシアより高くなることもある。フィリピンは外国の医療保険の認定を推進する必要に迫られている。

これまで、フィリピンにやってくるメディカルトラベラーの多くは、アメリカやカナダなど海外在住のフィリピン人であった。現在の一次市場は中東と太平洋諸島系の国々、二次市場はオーストラリア、日本、韓国、台湾、ヨーロッパだとNelle氏は言う。

Philippine Medical Tourism, Incの社長Eva Trinidad氏は、中でも日本市場に注目している。日本語と日本文化を医療従事者が学べば、患者を獲得できるだけでなく、定年後の移住先としてフィリピンを日本人に売り込むこともできるだろうと見込んでいる。フィリピンは現在メディカルツーリズムに加えて、温泉と伝統的マッサージを利用できる「ウェルネスツーリズム」を提供し、「リタイアメント(定年)ツーリズム」にも取り組んでいる。

このメディカルツーリズム計画が成功すれば、フィリピン人の医療関係者が海外に出稼ぎに行く必要もなくなるし、国内の医療も底上げされる。政府は大きな期待を寄せて、メディカルツーリズムを推進している。

Medical Tourism Philippines Needs to Catch Up
[ Medical Overseas Health October 21, 2010]

HEAL Philippines Officers Inducted
[Jan 31st, 2010 by Philippine Travel Blog.]

Joint Commission International (JCI) Accredited Organizations


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-07-08 13:33 | Countries | Comments(0)

フィリピンの代理出産

フィリピンでは今のところ代理出産に関する法律はなく、商業的代理出産も行われている。一方議会では、代理出産を人身売買と同じとみなして禁止する法案を上院が提出するなどの動きが出ており、将来的には禁止される可能性もある。

シンガポールを拠点にした仲介業者「Asian Surrogate」を経営するMichael Ho氏は、2008年にフィリピン女性を代理母としてデンマーク人とマレーシア人のゲイカップルにあっせんした。代理母にデンマーク人の依頼者の精子を注入し、代理母は妊娠。子供を受け取ったカップルはAsian Surrogateに少なくとも45,000シンガポールドルを支払った。そのうち約22,000シンガポールドルが代理母に支払われ、それは代理母の年収の5.4倍にあたるという。

「フィリピン女性はとても役に立つし、熱心。代理母にぴったりだよ。」Ho氏は自分のあっせんする代理母が「決心を変えない、信用できる、思いやりと倫理観を持った女性」つまり「自分の利益のために依頼者の子供を手放さない」ような女性ではないと強調する。「彼女たちは得たお金を自分の家族に役立てたがっている。」

フィリピンでは代理出産に関心は払われてこなかった。社会福祉省大臣だったEsperanzo Cabral氏はインタビューで「フィリピン国内で商業的代理出産が行われているとは認識していない。もしそうであっても、代理出産を禁止する法律はない。」と述べている。

Ho氏はフィリピン女性を代理母のターゲットにしたのは、フィリピンに法律がないからだと認める。「シンガポールでは代理出産は違法だ。でも自分はフィリピンやインドやほかの国でやっているから、法律を破っていることにはならない。」

フィリピンに目を付けているのはHo氏だけではない。シンガポールの養子あっせん業者「Fox Family Services Adoption Centre」も、卵子ドナーや代理母のあっせんへとそのサービスを広げている。

問題は、こうした法整備のない国での代理出産契約は正式なものではないため、依頼者にも代理母にもリスクが高くなる点である。1987年の『The Family Code』164条には「事前の同意があれば、夫の精子、ドナーの精子、夫とドナー両方の精子どれかの人工授精で妻が妊娠して産まれた子供は、夫婦の子供とする」とあるが、代理出産には触れられていない。

フィリピンのSociety of Reproductive Endocrinology and Infertilityは商業的代理出産に強い反対の立場をとっている。会長のEileen Malapaya Manalo医師は次のように言う。「2005年には我々は自分たちでガイドラインを作成しました。代理出産とクローニングは一切認めません。我々は基本的にカソリック教育の影響を受けてきました。学会員の多くはカソリックです。」Ho氏の「ここだけの話、マニラのIVF医師はカソリックの教えによって代理出産はやっていないと口では言うが、実際はやっている。」という発言に、強い反発を示した。

フィリピンでは実際にローマカソリック教会の影響が強く、避妊や中絶などもよくない行為とされてきた。厳しい中絶禁止法のせいで、病院での安全な中絶の代わりに、産婆による腹部のマッサージやカテーテルの挿入などの方法がとられ、年間90,000人の女性が中絶の合併症を患い、1,000人が死亡しているという。2010年に出された、避妊や中絶、生殖技術に関する項目を含むreproductive health lawの法案に対しても、カソリックから反対が出ている。

法務大臣だったRaul Gonzalez氏は「フィリピンがこの問題に対して法律を制定するべき時がきた。」と言う。現在、上院から不妊治療の健康保険に関する法案と、代理出産を禁止する法案が出されている。こうした法案が通過すれば、フィリピンはインドとはまた違う道をたどることになるだろう。

代理出産禁止法案
代理母と依頼者は5年の懲役と1万ペソの罰金刑
医師、看護師、技術者、仲介業者などは2年の懲役と5000ペソの罰金刑

法案The Reproductive Health and Population and Development Act of 2010

Womb for Hire - Part 1
[ABS-CBNnews.com 06/16/2009]

Womb for Hire - Part 2
[ABS-CBNnews.com 06/19/2009 ]

p55 Philippine Society of Reproductive Endocrinology and Infertility のART researchに関するガイドライン Ethical Guidelines for Research on Assisted Reproductive Technology

Government to promote both artificial, natural birth control
[The Philippine Star September 30, 2010]

Catholic group bats for reproductive health law
[CathNews November 5, 2010]

Rights group slams Philippine abortion ban
[PHYSORG.COM August 2, 2010 ]


Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-12-24 15:49 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)