人気ブログランキング |

シングルの人間がインドで代理出産する問題に関し、保健家族福祉省と内務省の意見が割れている。外国人のシングルおよび非婚カップルに代理出産目的の医療ビザを発行しないというインドの法律に対し、スーダン国籍の男性から申し立てがあり、パンジャブ・ハリヤナ州高等裁判所は政府に見解を求めていた。

このスーダン人の申し立てに対し、保健家族福祉省に属するインド医療研究評議会(ICMR)は、シングルによる代理出産を認める条項を含むART法案2013年版を裁判所に提出した。しかし内務省は同申し立てに対し、代理出産目的の医療ビザを取得できるのは、2年以上の婚姻関係にある男女の夫婦に限るという回答を提出。裁判所は、「政府内の見解を調停する」つもりはないと明言し、「統一見解」を提出するよう政府に再度求めた。

裁判所の意見聴取は2014年1月22日に延期された。

スーダン人が内務省ガイドラインに抗議

Ministries differ on single surrogacy
Ajay Sura
[The Times Of India, Nov 2, 2013]

Sudan Case Hearing
[SurrogacyIndia November 28, 2013]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2014-01-06 13:43 | Countries | Comments(0)

スーダン関連リンク

1999年9月、スーダンで最初のIVFセンターKhartoum Fertility Centerが設立され、2001年4月15日、スーダン初のIVF児が同センターにてYagoub M A Magid医師のもとで生まれた。2.5kgの双子の女児であった。2000年には国内2番目となるSudan Assisted Reproductive Centerが設立され、2004年3月に男女の双子が生まれている。

IVFセンター
Royal Care International Hospital ( مستشفي رويال كير العالمي‎) 

Nile Fertility Centre
Dr Yagoub M A Magid

Reproductive Health Care Centre

KHARTOUM FERTILITY CENTER

Sudan Assisted Reproduction Clinic

Dr. Elsir Abuelhassan Fertility Centre

Sudanese- German Fertility Centre

Asia Fertility Centres

Janeen fertility Centre

Saad Abo Alila Fertility Centre
(low cost IVF donated by Low cost IVF foundation)

Ansab Fertility Centre

関連団体
Ministry of Health

Sudan Fertility Care Association

資料
Short-term Outcome of In-vitro Fertilization Babies (IVF) In Sudan
Zeinab Mohammed Gaily, Eisir Abu Elhassan Elhussein, Zein EIAbdeen AlRahim Karar
SUDANESE JOURNAL OF PAEDIATRICS AND CHILD HEALTH Val.10: 2010

Reviewing infertility care in Sudan; socio-cultural, policy and ethical barriers
D.S. Khalifa, M.A. Ahmed
ESHRE Expert meeting, “Socio-cultural and Ethical aspects of Biomedical infertility care in poor resource countries”, Genk-Belgium
21-22 November, 2011

Sudan Getting Low Cost IVF
[FuturePundit, August 26, 2009]

Africa obtains low-cost fertility treatment
[swissinfo.ch September 28, 2009]

In Vitro Fertilization About to Go On Sale < $360
By: Aaron Saenz
[Singularity Hub. 09/7/09]
by technology0405 | 2013-10-03 12:42 | Related Link | Comments(0)

スーダンに住むShihabeldin が、パンジャブ・ハリヤナ州高等裁判所に、内務省ガイドラインへの反対を訴えた。ガイドラインは、最低2年間婚姻関係にある男女にのみ代理出産を認め、シングルの外国人や婚姻関係にないカップルがメディカルビザで代理出産のためにインドに入国することを禁じるもの。
彼の申し立てを受け、Sanjay Kishan Kaul裁判長を中心とする小法廷は、内務省に通知を出し、申立人の訴えに対する回答を提出するよう求めた。

申し立て人であるShihabeldinは、2013年6月29日にチャンディーガルの医療機関において代理出産契約を結ぼうとした。しかし、2012年7月9日に出された内務省ガイドラインにより、シングルの外国人には代理出産サービスを提供できないと聞かされた。

彼の法定弁護士Anil Malhotraは、ICMRのガイドライン3章5条2項でシングルによるART使用が明確に認められていると主張する。
→ 3.5.2 There would be no bar to the use of ART by a single woman who wishes to have a child, and no ART clinic may refuse to offer its services to the above, provided other criteria mentioned in this document are satisfied. The child thus born will have all the legal rights on the woman or the man.

「ICMRガイドラインは代理出産によって不妊カップルの苦しみを取り除こうとして作られたが、内務省ガイドラインは、シングルあるいは非婚カップルの外国人がインドで代理出産できないように禁止している。法によってARTの位置づけがコロコロ変わっている。」とMalhotra弁護士は言う。

Malhotra弁護士は、ガイドラインを無効にする方法を探っている。外国人や在外インド人、インド系移民が、代理出産の問題において、インド国民と差別されるべきではないと強く主張する。内務省ガイドラインは、生命や個人の自由の権利を含意する憲法21条にも反していると訴える。
この件は現在審理中である。

スーダン人が内務省ガイドラインに抗議 その後

Sudan resident moves HC against India's surrogacy guidelines
By Ajay Sura
[THE TIMES OF INDIA, Jul 22, 2013]

Sudan national moves HC against surrogacy norms
[The Indian Express , Jul 24 2013]

Govt set to allow visas to singles too for surrogacy
by Rahul Tripathi
[The Indian Express, May 28 2013]
2013年5月時点では、内務省が、代理出産を希望するシングルの男女にもメディカルビザの発行を認めることを検討していた。

Foreigners seeking surrogate mothers won’t be allowed on tourist visas
Vidya Krishnan
[Live Mint, Oct 31 2013]
11月1日より、観光ビザで代理出産した外国人に対し、緩和措置が終了

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-10-02 10:55 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)