人気ブログランキング |

キルギス議会が、2013年10月31日の第3読会において、代理母と依頼カップルの対立を避ける目的で作成された代理出産法案を承認した。代理出産を依頼した夫婦には、子供の出生登録時に、出生証明書に加え、胚移植が行われた事実を証明する医療機関の関係書類を提出する義務が課せられる。

キルギスの代理出産はFamily Code、Act of Civil Status、2007年の〝About the reproductive rights of citizens and guarantees of their sale”によって管理されている。商業的代理出産は禁止されていない。しかし、二重の法解釈を排除し、代理出産契約に関わった者たちの争いを避け、代理母と依頼親の権利を保護するためには、代理出産契約の書式や内容を明示したルールが必要だとState Registration Service of Kyrgyzstan (SRS KR:出生登録サービス機関)は考えていた。

法律 О репродуктивных правах граждан и гарантиях их реализации
2007 года N 147
18条代理出産、19条配偶子提供

Kyrgyz Parliament Approves Draft Law on Surrogacy in Third Reading
[AKIpress News Agency、 October 31, 2013]

Kyrgyzstan to legalize commercial surrogate maternity
[07/04-2011 24.kg news agency]
by Julia MAZYKINA

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2014-01-30 13:08 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)