人気ブログランキング |


Commercialization, Altruism, Clinical Practice: Seeking Explanation for similarities and differences in California and Canadian Gestational Surrogacy Outcomes. 2018

2010年から14年までカリフォルニアでは代理出産の件数が2倍、カナダで35%の伸びを示している。
この期間、カリフォルニアでは4677サイクルの代理出産、カナダでは1864サイクルが行われている。
2015年にカリフォルニアで行われた代理出産のうち44%が外国人の依頼者によるものであり、カナダでは同年33%の子どもが外国籍の親のもとに登録されたと考えられる。

カリフォルニアでは商業的代理出産が、カナダでは利他的代理出産のみが認められており、代理出産に関する法制度が異なるが、
どちらのデータも代理出産のケースでは、そうでないケースより多数胚移植が行われる傾向があり、その結果として多胎妊娠につながりやすい
ことがわかった。
依頼者のニーズとして、体外受精のコストをより少なくしたい、一度に双子が得られれば経済的であるということがあり、
代理母の側も、依頼者の希望に応えたいという利他的な気持ちから多数胚移植をより受け入れる傾向があるのではないかと推測される。

用いられたデータ
カリフォルニア: Centers for Disease Control and Prevention National Assisted Reproductive Technology Surveillance System (NASS)
カナダ: Canada's Assisted Reproduction Registry-Better Outcomes Registry and Network (CARTR-BORN)





by technology0405 | 2018-08-05 13:08 | Materials | Comments(0)

カナダ・トロント在住の夫婦が6年を費やしてようやく、代理出産で生まれた双子とともにインドから帰国できることになった。インドのクリニックの取り違えにより、双子の片方と遺伝的つながりがないことが判明して以来、カナダ政府は子供にパスポートを発行せず、夫婦は長期間の試練を強いられていた。

首都オタワは、双子のうち遺伝的つながりのある方の子供にカナダ国籍を、つながりのない子供には国外移動に必要な書類を発行した。この子供は、カナダ帰国後に市民権を得る手続きを取ることになる。

夫婦は2005年にインドに入国。匿名の提供卵子と夫の精子を体外受精させ、それを代理母に移植して、2006年3月男女の双子が誕生した。通常は、代理出産でも、親とDNAが一致すればニューデリーにあるカナダ高等弁務官事務所でカナダ国籍を申請取得できる。しかし、DNAテストの結果は、男の子に遺伝的つながりがなく、クリニックで取り違えが起きていたことを示唆するものだった。こうした取り違えが起きた時の場合の対応については、全く想定されていない。以来、カナダ政府は男の子に国籍を与えることを拒否し続けてきた。

夫婦は50代。双子の女の子だけを連れて帰ることもできたが、インドに住み続け、カナダ政府と交渉を続けた。カナダを離れて6年、ふたたびトロントで新たな生活をスタートさせることになる。

After 6 years and fertility mixup, surrogate twin can come home
[thestar.com May 5 2011]


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-12-01 11:20 | Countries | Comments(0)

インドのアフマダーバードで代理出産を依頼したカナダ・トロント在住の夫婦Myleen and Jan Sjodinは、担当の医師が、自分たちの弱みに付け込んで、子どもが生まれる直前に自分の報酬額を引き上げたうえ、そこから病院に支払うよう請求された料金を支払わないばかりか、インドの当局者を利用して、夫婦が出国するために必要な手続きを遅らせようとしたと訴えた。

 これに対し医師は、夫婦の主張はすべて虚偽だとした上、自分は正規料金の半額以下しか請求しておらず、移民局も手続きに従って動いていただけであり、料金設定の時期が子どもが生まれる直前、夫婦がインドにやってきた時と重なったのも、それが慣習なのであって、他意はないと反論している。

 夫婦は、他のカップルが自分たちと同じ目に遭わないことが、今回声を挙げた目的だとし、「自分たちはインドの文化を愛しているし、いい契約ができたと思っていたけど、この一件で、結局アメリカで代理出産を依頼するのに相当する額のお金を使ってしまったよ」と述べた。

Room for abuse in India surrogacy
(Seattle Times, April 30,2011)

A bundle of joy with baggage
by Mark Magnier
[Los Angeles Times, April 18, 2011]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-11-17 13:32 | Countries | Comments(0)

カナダのブリティッシュコロンビア州に住む夫婦が、胎児にダウン症が見つかったとして代理母に中絶させた出来事が議論を呼んでいる。代理母は自分で子供を育てると中絶を拒否したが、夫婦が一切の資金援助を断ったため、2児の子供を持つ若いシングルの代理母は中絶せざるをえなかった。

カナダでは2004年から利他的代理出産のみが認められているが、その代理出産契約に関してはクリニック任せであり、政府が監督しているわけではない。もし代理出産契約の内容について法廷で争われるケースが出てくれば、契約そのものを認めない判決も出てくる可能性がある。

治療にあたったKen Seethram医師によると、この代理出産契約は「非強制的な」環境のもとで交わされたが、代理母の権利を損なった可能性があると示唆した。契約上では、代理母が中絶を拒否した場合には、子供に対して依頼夫婦が責任を負わなくてよいことになっていた。

Calgary大学のJuliet Guichon教授は次のように言う。「これは、欠陥品があったといって生産ラインを止めるようなものだ。商品の製造では通用するが、生殖では問題が大きい。裁判所も、代理出産契約より家族法を重視し、依頼者夫婦に子供の責任を負わせる可能性が高い。」

しかし、カナダでもアメリカでも、代理母が依頼者の希望に反して中絶を拒否した場合は依頼者の主張が認められる場合がほとんどであるとSurrogacyInCanada.ca.のSally Rhoadsは言う。「全責任を負わされるのは代理母側。夫婦が離婚して代理出産を途中でキャンセルしたので代理母がその子供を育てているケースがカナダで3件。双子を妊娠した代理母に減数手術を行い、妊娠そのものがだめになったケースもあった。不当な扱いをされたと感じて終わるのはたいてい代理母の方だ。」

今のところ、代理出産契約がカナダの法廷で争われたことはない。しかし、依頼者と代理母、生まれてくる子供の立場をあいまいにしないためには、代理出産契約の内容にまで踏み込んだガイドラインが必要であろう。

Couple urged surrogate to abort fetus due to defect
[ National Post · Oct. 6, 2010]

Canadian Surrogacy Case Sparks Intense Debate
[Family Law Prof Blog November 18, 2010]


Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-12-17 12:04 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)