人気ブログランキング |

ロシアは2012年に「ロシア連邦国民健康保護の基本に関する法律」を施行した。この法律により、初めてロシアの代理母出産に正式な法規制がかけられた。
以下は、その途中経過2011年の記事。


2011年10月21日、ロシア下院は「ロシア連邦国民健康保護」法案の第二読会(議会の立法手続き過程の一つ)を開いた。この法案で注目されたのが、商業的代理出産の合法化の明記である。また、子供の臓器移植を認める内容も社会の目を引いた。15歳以上の子供に対し健康面で親が権力を行使してはならないという点も、ロシアの親たちを驚かせた。子供が15歳になると病歴は非公開となり、親がその情報にアクセスすることも認められない。

今のところロシアの代理出産は合法とも違法ともいえない。厚生省令の中では、不妊問題を解決する手段として捉えられている。禁止されていないので、代理出産サービスを提供している市場も一応は合法ということになる。保健・社会発展省はこうした曖昧な状態を打破したいと考えている。新法案は、代理出産を、不妊に対抗する非伝統的な選択とみなし、その商業的利用も認める。

当時、欧州評議会の閣僚委員会でも、子と親の権利を規定する法案が検討されていた。この法案も代理出産の合法化を非常に意識している。遺伝的なつながりを持つ親も遺伝的つながりを持たない里親も、同様の権利を持てるように法案は意図されている。
(参照:Council of Europe Draft Recommendation on the rights and legal status of children and parental
Responsibilities → http://www.coe.int/t/DGHL/STANDARDSETTING/CDcj/CDCJ%20_2011_%2015%20E%20-%20meeting%20report%2019%2010%20_final_.pdf 

ロシアの保健省は、不妊女性を救うべきだとし、代理出産合法化を支持している。実際、子供を持つことに何らかの困難を抱えるカップルは、ロシア国内に17%程度存在する。しかし、専門医によると、この「不妊」という診断は正しくないという。心因性不妊の専門家であるGalina Maslennikova医師は、子宮を持つ女性であれば誰しも自然妊娠する可能性を持っていると説明する。Maslennikova医師は長年そうしたカップルを助けてきた。年間3000人にも及ぶ彼女の患者のうち、8%が自然妊娠する。
また別の医師は、生殖補助医療が母子に深刻なリスクを及ぼす可能性があると言う。
Alexander Novitsky医師は、女性が胚移植のために受ける強力なホルモン刺激などが原因で致死的な転帰に至るリスクの確率は、75%にものぼる可能性があると主張する。ホルモン刺激は胚の細胞にも影響を及ぼす。IVF児に深刻な先天性異常が多いのはこのためである。
Galina Maslennikova医師は「愛のない妊娠によって生まれた子は、精神的障害を負う」と言う。
代理母の負担も大きい。深刻な精神的・身体的ダメージに苦しむ代理母は多い。ドイツ、フランス、イタリア、ポーランドなど多くの国で代理出産ははっきりと禁止されている。

こうしたリスクを考慮せず、市場的な儲けを優先させ、代理出産を合法化すれば、ロシアは、中国やインドのような代理母の産地となるだろう。ロシア人の外見がヨーロッパ系であるという点は、中国やインドより競争上有利でもある。合法化によって、金銭目的で代理母になるロシア人が間違いなく増えるであろう。

Will Russia become another farm for surrogate mothers?
[21.10.2011 Pravda.Ru]

Православные врачи призвали запретить суррогатное материнство
[21 октября 2011, Mail.Ru]
合法化に反対する医師も多かったことがうかがえる。

ロシア 代理母出産に法規制
[The Voice of Russia, 31.01.2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-30 17:10 | Countries | Comments(0)

・ウクライナ人夫婦Lyudmila and Alexander が依頼したウクライナ人代理母が、生まれた子供を引渡し拒否した。(夫婦に児童虐待の前科があることを代理母が知ったためか?)
http://www.jurconsult.ru/en/media/tv/ort_pust_govorat/

・アメリカ人夫婦Jeanette Runyon and Michael WoolslayerがキエフのIsida Clinicで代理出産契約を結んだが、ウクライナ警察に人身売買を疑われ、子供Victoriaの親権はウクライナ人夫婦のものになり、3年経った今も引渡しされていない。http://www.surrogacy-ok.com/news/index.php?subaction=showfull&id=1283849197&archive=&start_from=&ucat=&

・イタリア人夫婦がウクライナのエージェンシーを介し、代理出産で双子を得たが、ウクライナ人代理母が自分の名字で子供の出生届を勝手に出してしまい、引渡しに応じなかった。代理母夫婦は子供を自分たちの子とし、児童手当も申し込んでいた。
結局、エージェンシーが代理母と契約をきちんと締結していなかったことが後でわかった。代理母がエージェンシーに支払い金額を上げなければ子供を引き渡さないと要求し、エージェンシーはそれを拒否、双方は合意に至っていなかった。依頼者はその事実を知らされていなかった。代理出産の契約書がないため、依頼者の雇った弁護士も現在なすすべがない状態。
Another "surrogate" scandal in Ukraine. Ukrainian surrogate mother refused to give the children she had carried to their legitimate parents. →http://surrogacy.ru/eng/news/news11.php

Ukrainian surrogacy law dispute: TV coverage places Ukrainian surrogacy under the spotlight
[Personal Blog of Louisa Ghevaert, August 10th, 2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-29 16:25 | Countries | Comments(0)

代理出産児に性的虐待

ロシア人代理母が2005年に生んだ男の子が、生後すぐから何年にもわたって外国人ゲイカップルに性的搾取を受けていた事件をうけ、ロシア連邦の児童人権問題オンブズマン、パーヴェル・アスタホフ氏が、海外養子の取締を訴えている。

子供はセックスツーリズムに引きずり込まれていた。児童ポルノを撮影するためにカップルが子供を連れて行った国――フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリア――で、少なくとも他に8人の小児愛者がこの子供を性的に虐待している。

子供はすでに別のアメリカ人家族に引き取られ、長期にわたる医療的・心理的治療を受ける予定である。アスタホフ氏によると、今は子供のリハビリテーションを最優先し、子供の本国帰還については後日考えるという。

2005年、アメリカ人Mark Newtonと、彼のパートナーでニュージーランド人のPeter Truongは、8000ドルでロシア人代理母に子供の出産を依頼。彼らは「親」として子供を引き取り、その後2011年10月に逮捕されるまで、性的虐待の様子を何度も写真やビデオで撮影していた。子供は洗脳を受けており、性的虐待について口外しないよう訓練されていた。2010年には幸せなゲイ家族としてメディアに取り上げられたこともある。

警察は、このカップルが最初から性的に搾取する目的で子供を引き取ったとみている。Newtonは有罪となり懲役40年と子供に対する40万ドルの賠償金が科せられた。Truongはニュージーランドで判決待ちである。

これまでにも、外国人の小児愛者が、手に入りやすいロシア人孤児に目をつけるケースはしばしば起きている。海外への養子縁組を禁止にすることでこうした虐待をなくせるとアスタホフ氏は強調する。「国際的な反小児愛活動が、ロシアを現状から救い、こうした嗜好の者たちを罰し、子供を守ることになる。」と彼は言う。

Two Gay Men Used Russian Surrogate Mother to Create Boy for Sex Abuse Ring
[The Other McCain July 1, 2013]

Russian boy bought from surrogate mother to be sexually abused and video-taped
[Voice of Russia 1 July, 2013]

Australian pair in L.A. convicted for making child porn with ‘adopted son’ from Russia
By Michael Walsh
[NEW YORK DAILY NEWS June 29, 2013]

Australian surrogate boy abused by dads
[FOX NEWS July 03, 2013]

 “Two Dads are Better Than One”: pro-gay adoption ABC profile of convicted pedophile
[Wintery Knight, 07/01/2013]
2010年にカップルが取材を受けた時の様子が記載されている。

Issues of Forced Adoption and International Commercial Surrogacy
Chief Judge John Pascoe AO CVO
2 October 2013, Melbourne

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-29 14:40 | Countries | Comments(0)

タジキスタンで初のIVF児

2013年1月17日タジキスタンの首都ドゥシャンベにあるNasl Medical Centreで、初の体外受精児――体重2.75kg と2.59kgの健康な双子――が誕生した。母親はこの病院で不妊治療を受けていた。
2012年5月、タジキスタン政府が初めて認可した6件のIVFが実施され、タジキスタンは、中央アジアでカザフスタンに次いで2番目にIVFを実施した国となった。

2010年人口動態統計に関する法律が改正されたことで、タジキスタンの医師らは合法的にIVFを実施することができるようになった。Nasl Medical Centreはその後すぐ、民間からの資金援助とShamsiddin Kurbonov氏(Tajik Scientific Research Institute of Obstetrics, Gynaecology, and Perinatologyの会長)の後押しを受けてオープンした。 Kurbonov氏によると、タジキスタン人の4分の1近くが不妊を経験している。毎年10万組のカップルが結婚するが、そのうち不妊だと考えられるカップルが2万組以上いるという。
「IVFがこの状況を救ってくれるだろう。」と彼は言う。「ここ1年間のうちに国内で実施されたIVFは35件。現在10人が妊娠している。」

タジキスタンでIVFが受けられるようになる前、子供のいない夫婦にとって選択肢はほとんどなかった。外国に行くことはできても、Kurbonov氏によると、外国でのIVFはUS $10,000 (48,000 TJS)とタジキスタン人にとって高額である。それに出産前検診や帝王切開の費用が加算される。「従来、こうした高いコストを払ってでも年間100人以上の女性が周辺国にIVFを受けに行っていた。」タジキスタンでのIVFは約US $5,000 (24,000 TJS)である。

養子という選択肢もあるが、こちらも困難を伴う。「タジキスタンに養子候補の子供は事実上全くいない。」と35歳のLatifa Karimovaは言う。彼女は夫と数々の養護施設をまわったが、血縁者のいない子供というのは見つからなかった。最終的に、妹に子供を生んでもらい養子にしたが、もしその時にIVFが利用可能であれば利用しただろうと彼女は語る。

タジキスタンでのIVFと関連法に関しては、議論が多かった。2010年、法律の改正が提案された際、下院の副長でイスラム復興党の党首を務めるMuhiddin Kabiri が反対した。IVFはイスラムの教義に反するもので、子供のいない女性は孤児を養子にすべきだというのが当時の彼の主張であった。国内初のIVF児が誕生した今、「宗教は多くの面で柔軟性を有している。」と説明、態度は軟化している。

法律改正に伴い、生殖補助医療で生まれた子供は人口動態統計局で登録されることになった。IVFは婚姻関係にある夫婦のみが利用でき、精子提供はイスラム的観点から「しない」とKurbonov氏は言う。

Tajikistan welcomes first IVF babies
By Dilafruz Nabiyeva
[Central Asia Online 2013-02-13]

「Law on Reproductive Health and Reproductive Rights (Закон Республики Таджикистан "О репродуктивном здоровье и репродуктивных правах") → http://www.mmk.tj/ru/legislation/legislation-base/
2002年ART法。代理出産に関する記載はない。

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-27 15:53 | Countries | Comments(0)

「アルメニア人代理母の多くがイスラエル人と契約している」というアルメニア・パブリックカウンシル会長Vazgen Manukyan 氏(代理出産反対派)の発言にみられるように、アルメニアに代理出産サービスを受けに行くイスラエル人が増加している。イスラエルでも1996年より代理出産は認められているが、今のところ婚姻関係あるいは内縁関係にある男女の夫婦に限られており、このせいでイスラエル人同性カップルがアルメニアに行くと考えられている。

しかし、イスラエル人がアルメニアを選択する理由は法律だけではない。代理出産プログラムが安価であることもその一つである。イスラエルでは5-7万ドルかかる代理出産サービスを、アルメニアでは2—3万ドルで受けることができる。

またイスラエルでの代理出産手続きが面倒であることも、要因になっている。当事者間で結んだ契約は、宗教指導者、医師、ソーシャルワーカーの承認を得なければならない。お役所仕事のせいで承認には時間がかかり、不妊カップルは海外のサービスを使わざるを得ない。

近年、イスラエルの仲介業者Center for Surrogacyには、国内の代理出産法の基準を満たさない人々からの依頼が多く寄せられてきた。このため当センターは現在、IVFと代理出産を専門とするイスラエル人医師らと共に、アルメニアで代理出産を提供している。一連の作業はアルメニアの代理出産法の下で実施されるが、イスラエルの医療・法律に関するガイドラインや基準にも従っている。

アルメニアはイスラエルから飛行機で約3時間と近い。人口のほとんどがクリスチャンで、外見もイスラエル人に近く、物価も安い。またアルメニア人は親イスラエル的で、医療その他の分野で西洋的なものに対しどんどんオープンになってきている。

アルメニアの代理出産法は2002年公布、2003年に施行された。2004年に国内で初めてのIVF代理出産児が誕生している。法律では、外国人、カップル(同性カップルも含む)、シングルも代理出産で親になることができる。Center for Surrogacyが提供するアルメニアでの代理出産は、不妊治療専門医やエンブリオロジスト、代理出産専門の弁護士やソーシャルワーカーがすべてイスラエル人で、待ち時間もないという。

しかし、「アルメニア人女性の子宮が、外国人の子供を生むために使われることなど、容認できない」と感じるアルメニア人も多く、2012年には、外国人がアルメニア国内で代理出産することを禁じる法改正が提案されている。

National Statistical Service of Armenia のデータによると、再生産年齢(18—44歳)のアルメニア人の約18%が不妊に苦しんでいるという。「これは世界平均の10—15%に比べて非常に高い数字だ。若者の6分の1が子供を持てないことになる。海外移住や戦争がなくても国民の数は50年で半減するだろう。」とHuman Fertility Centerの創立者Eduard Hambardzumyan 医師は言う。

アルメニアで年間何人の代理出産児が生まれているか明確な統計はない。非公式のデータによると、年間100件ほどの契約が交わされている。

Armenian surrogate mothers bear children for the Israelis
by Sergey Lebedev
[Surrogacymed.com 04 March 2013]

surrogacy program in armenia

Birth Rights and Concerns: Issue of surrogate birthing raises debate
By Gayane Abrahamyan
[ArmeniaNow 07.03.12]

※ これは、記事の内容を紹介したものであり、書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください。

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-27 12:04 | Countries | Comments(0)

ベトナムでは有償・無償に関わらず代理出産は禁止されている。現在、婚姻家族法の改正が議論されており、姉妹間での代理出産が容認される方向で改正が進められようとしている。依頼者の女性が法的母親として登録される。代理出産を依頼できるのは、当面の間、子宮がない女性など子を産めないことが明確に判断できるものに限られる。代理出産を実施し、様々な問題点を国が把握し十分な予防措置を講じることができれば、将来的には適用範囲が広げられる余地もある。
 ベトナムでは、女性に子どもを作る権利が認められている。婚姻家族法(2条6項)に「国と社会は母親と子供を保護し、また、母性という尊い役割を果たせるよう母親を支援する義務を有する」とある。戦後の結婚難から女性を救うため、独身女性にも母親になれる権利を認めたもと理解されている。伝統的に子どもを産む女性の働きは重視され、母性には高い価値が与えられている。ベトナムでは独身女性でも生殖補助医療を受けることができ、おそらく独身女性も代理出産を依頼できることになるだろう。
 ベトナムでは、不妊の女性は強い差別や偏見に晒される。子どもを持てない夫婦は窮地に立たされる。男性の血縁の継承が最重視されるため、妻は、夫が他の女性と関係を持ち子どもをつくることも認容せざるを得なくなる。ベトナムで代理出産が容認される背景には、不妊に対する強いスティグマがある。子どもがいない夫婦の場合、極端な場合、社会的排除に近いことも起こりうる。過去には、法的に一夫多妻が認められていたが、現在は廃止された。こうしたこともあり、一夫多妻に代わる方法として、代理出産が機能することにもなる。また、親族間の絆が強く、不妊の女性は、親族から自発的協力者を得ることが容易である。こうしたことが、姉妹間の代理出産が容認される背景にある。ベトナムで2-3年以内に代理出産が容認されることになれば、東南アジアでは初となる(ハノイ法科大学Cu教授)。
 現在代理出産は禁止されているが、水面下では有償の代理出産がさかんに行われており、政府もそのような実態を把握している。体外受精を伴う代理出産は、依頼者夫婦から代理母への胚提供を装う形で行われる。代理母の多くが離婚した女性などであり、独身女性でも生殖補助医療を受けられることが、こうしたやり方の隠れ蓑になっている。体外受精を伴う代理出産の場合は、技術が進んだタイの病院で実施されることも多い。不妊治療を行っている病院の周辺で仲介業者が活発に活動を行っており、ベトナムの医師だけでなくタイの病院と連携している。ベトナム国内では、IUI型の代理出産が多く行われている。依頼者の夫の精子を代理母の女性に人工授精するというもので、伝統的な一夫多妻の延長線上にあり、簡便で費用もかからない。さらに、代理母の卵子を使用したIUIの方が、依頼者夫婦の胚を使用する体外受精より成功率が高いと考えられる。仲介業者が運営する代理母の家もある。食堂の経営を装い、女性たちが働いている。代理母たちが住む家は、すぐに周囲や近隣の知るところとなるため、公安の目を警戒し、定期的に転居している。

※写真と文章は、関係がある場合とない場合とがあります。

d0170396_11355222.jpg
 
ベトナム保健省


d0170396_14432320.jpg

IVFクリニック受付


d0170396_16455168.jpg

ハノイC病院前風景


d0170396_983499.jpg

食堂で働く女性


d0170396_16595912.png

仲介業の女性


d0170396_16325878.jpg

ビンロウを売る女性


d0170396_16512788.jpg

ビンロウを包む女性
by technology0405 | 2013-08-17 14:45 | field work | Comments(0)

ESHRE 2009 report

ESHRE(European Society of Human Reproduction and Embryology)が、2009年の各国の生殖補助医療のデータを集めたレポートをだした。これは、ESHREが1997年以降レポートを出し始めてから13番目のものとなる。

データは34カ国から集められた(2008年データは22カ国)。対象施設数は1005機関。全体でART実施数は増加した。
2008年に比べて3個以上の胚の移植や多胎妊娠は減ったものの、妊娠率自体は2008年とほぼ変わらなかった。

総計537463サイクルの内訳は、 IVF 135,621サイクル、ICSI 266,084サイクル、凍結融解胚移植104,153サイクル、 卵子提供21,604サイクル、IVM(未成熟卵体外受精培養法) 1,334サイクル、PGD/PGS 4,389サイクル、凍結卵子移植4,278サイクルとなった。

Assisted reproductive technology in Europe, 2009: results generated from European registers by ESHRE
A.P. Ferraretti, V. Goossens, M. Kupka, S. Bhattacharya, J. de Mouzon, J.A. Castilla, K. Erb, V. Korsak, and A. Nyboe Andersen, The European IVF-monitoring (EIM), Consortium, for The European Society of Human Reproduction and Embryology (ESHRE)
Human Reproduction, Vol.0, No.0 pp. 1–14, 2013 (Advance Access published July 9, 2013)
by technology0405 | 2013-08-01 14:13 | Materials | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)