人気ブログランキング |

Bill2010に対するSAMAの指摘

報酬
2010年法案では、代理母への報酬を5回の分割払いとし、5回目に全報酬の75%を支払うことが規定された。つまり、出産しなければ報酬の大部分は受け取ることができない。2008年法案では、報酬は3回の分割払いで、全報酬の75%が最初の支払いで渡されることになっていた。これは、単に依頼親寄りの規定になったというだけでなく、「目に見える結果」つまり子供が得られない場合は、感情的、身体的リスクを伴う代理母の労働や妊娠は無価値だということである。従ってこの改訂は、アンバランスかつ搾取的で、代理母に不利なものだ。

IVFとIUI
法案ではIVF-ETによるgestational surrogacyのみを認めており、IUIによるgenetic surrogacyを認めていない。Genetic surrogacyを排除することで、代理母が子供を引き渡さない可能性をなくそうというのである。しかし、IUIによる代理出産が可能な場合にはそうする方が、商業的要素も少なく侵襲性も低い上、提供卵子の過度な使用を防ぐこともできる。

回数
2008年の法案では代理出産による分娩が3回まで、という規定だったが、現法案では自分の子供の出産も含めて5回まで、となった。しかしこの規定の方法は不適切である。生児出産数では、それまでに代理母が受けたサイクル数は分からない。規定の5回の生児出産に到達する前に、数知れないサイクル調整と胚移植を経験する可能性がある。代理母の健康を考えると、代理母が受けるARTサイクルの最大許容数を規定すべきである。

依頼親
法案では、「独身者」「婚姻カップル」「非婚姻カップル」がARTを利用できると述べられている。しかし、カップルの定義は「インドにおいて合法的に性関係を持つ」2人の人間、とある。さらに、婚姻カップルと非婚姻カップルの定義は「自国において合法な婚姻関係あるいはパートナーシップを結んだ」カップルとなっている。この3つの定義の解釈が不明である。またゲイカップルにARTを認めるかどうかという点も明確にする必要がある。

後見人
代理出産の依頼親が外国人の場合、前もって地元の後見人を決めておき、依頼親が子供を引き取れない場合には、後見人が引き取らなければならない。後見人は子供を養子に出しても良いし、自分で育てても良い。このように後見人の責任は重大であるので、その役割をはっきりと画定し、悪用のないよう監視する必要がある。

The Regulation of Surrogacy in India: Questions and Complexities
[samawomenshealth April 23, 2011]

The Regulation of Surrogacy in India – Questions and Concerns: SAMA
[KAFILA January 10, 2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-10 15:51 | Countries | Comments(0)

ESHRE 2008 report

ESHRE(European Society of Human Reproduction and Embryology)によるレポートが2012年6月に出版された。ヨーロッパにおける2008年度の生殖補助医療の利用状況に関する報告で、データをとり始めた1997年のものから数えて12番目のレポートとなる。

36カ国(2007年から3カ国増)のクリニック計1051施設から532,260サイクルの報告があった。内訳はIVFが124,539サイクル、ICSIが280,552サイクル、FER(frozen embryo replacements)が97,120サイクル、ED(egg donation)が13,609サイクル、IVM(in vitro maturation)が562サイクル、PGD/PSGが2875サイクル、FOR(frozen oocyte replacements)が4080サイクル。全体としては2007年より7.9%増えた。この増加は、ほぼ全ての登録国でサイクル数が増えたこと、また新しくデータ収集に参加した国(エストニア、カザフスタン、モルドバ、ルーマニアで計5480サイクル)があったことなどによる。人工授精に関してはIUI-HとIUI-Dがそれぞれ27ヶ国、21ヶ国から報告され、IUI-Hが144,509件(1.5%増)、IUI-Dが24,960件(4.3%減)であった。

全てのクリニックに登録機関への報告を義務づけている19カ国では、3億6980万人に対し350,143サイクルが実施されたことが分かった(100万人あたり947サイクル)。ICSIの利用は69.0%にまで増加。IVFの臨床妊娠率は採卵あたり28.5%、移植あたり32.5%、ICSIではそれぞれ28.7%、31.9%であった。FERの妊娠率は融解あたり19.3%。IUIの出産率はIUI-Hで9.1%、IUI-Dで13.8%。IVFとICSIのサイクルにおいて、移植胚の個数は1個22.4%、2個53.2%、3個22.3%、4個以上2.1%であった。IVFとICSIにおける出産児数別の割合は、単胎78.3%、双胎20.7%、三胎1.0%となり、多胎出産率は全体で21.7%となった(2007年22.3%、2006年20.8%、2005年21.8%)。FERサイクルでの多胎出産率は13.7%(双子13.4%、三つ子0.3%)。人工授精では、IUI-Hの双子、三つ子の出産率がそれぞれ10.6%と0.7%、IUI-Dではそれぞれ9.4%と0.3%であった。

前年と比べ、ヨーロッパ全体のART実施数は増えた。一方、年度ごとの増加をみせていた妊娠率は5年ぶりに下がった。2007年に比べ、3個以上の胚移植と多胎妊娠率はわずかながら減少した。

2008年はCBRCに関しても調査することが決定し、CBRC患者の数、治療の種類、患者の居住国、渡航理由を尋ねるデータ収集シートが加えられた。7カ国(アイスランド、カザフスタン、ラトビア、マケドニア、ポーランド、スロベニア、スペイン)から2514サイクルの報告があった。これは、2010年にShenfieldらがヨーロッパで実施した研究をもとにした推定数(年間患者数11000-14000人、サイクル数25000-30000)をはるかに下回る。患者の母国や渡航理由に関する情報も、不完全なものしか得られなかった。2514件の内訳は、卵子提供1040件、精子提供58件、PGD32件、その他は通常のIVF/ICSIであった。

2009年度のレポートは2012年イスタンブールでの学会で発表されている。

Assisted reproductive technology in Europe, 2008: results generated from European registers by ESHRE

Assisted reproductive technology in Europe, 2007: results generated from European registers by ESHRE

1997年-2006年のレポート

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-07 16:07 | Materials | Comments(0)

卵子提供 論文要約

ここ20年間で、生殖補助医療は高齢女性の選択肢を大きく変えた。1984年に成功した最初の卵子提供は40歳前に閉経を迎えた早発閉経の女性が対象であったが、現在ほとんどのIVFセンターでは、卵巣予備能の低下した女性を対象とする実施が優勢である。他に、複数回IVFが失敗に終わった女性、および子供に影響を与えうる遺伝病の保因者である女性も対象に含まれる。

卵子提供の利用が増えるにつれ、それに伴う産科的リスクの潜在も調査、報告されるようになった。ハイリスク妊娠、特に妊娠による高血圧症(PIH)が多くの報告で指摘されている。しかし、こうしたハイリスク妊娠は高齢出産の特徴でもあり、また未経産婦や多胎妊娠においても高い確率で起こる。こうした潜在的交絡因子が、卵子提供によるリスクだけを取り出して分析することを困難にしている。しかも、通常の体外受精それ自体が、自然妊娠に比べて産科的リスクが高い可能性もある。そこで本研究では、未経産婦や多胎妊娠の割合が等しい集団を対照群にして、この問題を調べた。

<資料と方法>
1999年から2004年5月までの産科治療記録を調べ、卵子提供あるいは通常のIVFによって妊娠した患者を抽出。卵子提供による妊娠をした患者50人を選んだ。同時期に通常のIVFで妊娠した患者50人を対照群とした。この患者たちの体外受精はサンフランシスコにある複数の生殖補助医療センターで実施されており、子宮内妊娠が確認された後に患者が受けた治療は文書化されていた。全ての患者が、ART治療を受ける前に基礎疾患の検査を受けている。妊娠後、患者は全員California Pacific Medical Center の産婦人科医師らの下でケアを受けた。この病院はレベル3の新生児集中治療室を持ち、周産期医学のコンサルタントが常在する。施設内倫理委員会の承認を得て、患者すべての出産記録を調べた。

両方のグループは同じ集団に属する産科医の下で、同じレベルの周産期ケアを受けた。高血圧、糖尿病、早期陣痛などの危険因子があればいつでも周産期医学のコンサルタントが関わる。妊娠高血圧症と子癇前症の診断はAmerican College of Obstetricians and Gynecologists (ACOG) の定義に基づいて行われた。簡単に説明すると、妊娠20週以降の蛋白尿を伴わない初発の高血圧を妊娠高血圧症(PIH)と定義し、尿蛋白を伴うタイプの高血圧症を子癇前症と定義する。子癇前症はしばしば他の症状を併発する。

<結果>
卵子提供グループ(DE-IVF)と通常のIVFグループ(STD-IVF )2つのグループにおいて、未経産婦および多胎妊娠の数はほぼ同数である。唯一異なるのは年齢であった。DE-IVF グループの年齢幅は31-50歳、平均41.9歳。STD-IVFグループの年齢幅は30-45歳で平均は37.7歳となった。

DE-IVFグループ50人のうち、11人が早発閉経、23人が卵巣予備能の低下、残りが自分の卵子を使ったIVFでの複数回の失敗を経験していた。 早発閉経を除く39人には全員、卵巣機能があった。STD-IVFグループの21人が卵巣予備能の低下、5人が卵管疾患、23人が男性要因による不妊であった。卵巣機能については、グループ間で特に大きな違いは見られなかった。
若干の内科的な疾患が両方のグループで見られた。甲状腺機能低下、薬を要しない程度の慢性高血圧、フォン・ヴィレブランド病、上室性頻拍症による心臓切除手術経験、僧帽弁逸脱、筋腫摘出経験など。
卵子ドナーは20歳から38歳。ほとんどが匿名だが、3人がレシピエントの姉妹だった。DE-IVFグループの未経産婦34人のうち、7人は過去にも卵子提供による妊娠を経験していた。

DE-IVFグループでは最初18人が多胎妊娠だった。そのうち1人は減数手術で妊娠初期に3胎を1胎にし、1人は16週で双胎のうち1胎が流産、1人は25週で双胎の1胎を流産した。33週以降に生まれた双子は15組だった。患者の1人が異所性妊娠し、9週目で開腹し右の卵管を切除し、臨月まで子宮内妊娠を継続した。STD-IVFグループでは最初18人が多胎妊娠だったが、妊娠初期に6人が自然流産で単胎になった。4人が減数手術で3胎を2胎にした。三つ子を32週で出産した患者が1人。13組の双子が35週以降に生まれた。

妊娠合併症についてみると、DE-IVFグループに妊娠高血圧(PIH)と子癇前症が高かった。1人は妊娠20週前から高血圧になり、38週で蛋白尿が見られた。彼女は分娩後3日目に低酸素症と胸水を併発し救急科に移された。別の患者は産後7日目に深部静脈血栓症と肺動脈塞栓症(そくせんしょう)を発症した。STD-IVFグループでは、1人が小腸閉塞を起こし、産後期間に小腸を切除した。

DE-IVFグループの帝王切開率は、トータルで42.8%、多胎出産を除くと31.42%。STD-IVFの方はトータルで46%、多胎出産を除くと40.54%であった。両グループとも選択的帝王切開はみられなかった。
DE-IVFでは、20週で自然破水を起こして死産になったケースが1件あった。先に述べたように25週での子宮内胎児死亡があったものの、死産はこれ以外にはなかった。5分後のアプガー指数(出産直後の新生児の健康状態を表す指数)が7点未満の子供もいなかった。DE-IVFグループのうち15人が在胎週数に比べて小さい子供(SGA infant)を出産し、そのうち5人が早発閉経の患者だった。STD-IVFグループのうちSGA infantを出産したのは14人。分娩後の症状で最も多かったのが産後うつで、DE-IVFグループの10%(5人)、STD-IVFグループの8%がかかった。

卵子提供と妊娠高血圧症(PIH)の関係をさらに検討するため、下位集団の分析を試みた。するとDE-IVFグループの未経産婦はSTD-IVFグループに比べて妊娠高血圧(PIH)のリスクが明らかに高かった(37.1% vs 8.1%, P < .003)。これは単胎妊娠でも多胎妊娠でも当てはまった。DE-IVF の未経産婦において、出産年齢の影響も入れてさらに分析すると、妊娠高血圧症(PIH)になった女性の平均年齢は41.6 (±3.6)歳、ならなかった女性の平均年齢は42.1(±5.4)歳であった。妊娠高血圧(PIH)を発現したグループの方が少し若いという結果は、年齢が上がるほどPIHの発症率が高いという仮説に逆行する。年齢階層別の分析(5歳階級)でも、PIHの発症率の上昇はみられなかった。多重ロジスティック回帰でも母体年齢のオッズ比は1となり、交絡因子からは除外された。

重症子癇前症を発症した患者は1人だけで、DE-IVFグループだった。38週で尿蛋白2+を検出し、誘発後に経膣出産、出産3日後に胸水になった。1週間集中治療を受け、特に続発症もなく回復した。

<考察>
卵子提供の有効性が証明され、ますます多くの女性が卵子提供を利用するようになったが、そのリスクについて警告する論文は少ない。これまでに出された卵子提供に関する論文は、対照群の適切性が問題であった。不妊原因、ART治療の種類、母体数、多胎妊娠、母体年齢などの要素が個別に持つリスクが影響し、分析結果を誤らせている可能性があった。

第一の交絡リスクは卵巣機能の状態である。卵巣が機能している女性は、卵巣障害のある女性に比べて妊娠高血圧症などの合併症になる危険性が高いという報告がある。本研究ではそうならなかった。また、卵巣機能とSGA児(臨月で2500g以下)の関係を指摘する報告もある。本研究ではSGA児の誕生率は2グループで同じであった。SGA児が生まれたDE-IVFグループの3分の1の患者には卵巣機能がなかった。

妊娠高血圧症(PIH)と子癇前症の発症率と、未経産婦および多胎出産との関係は、これまで明らかにされてこなかった。2グループの未経産婦と多胎妊娠の割合を等しくしたことで、未経産婦に妊娠高血圧症(PIH)が多いと結論づけることができたのは、重要な発見である。年齢に関しては、2グループの平均年齢は 37.7 歳と41.9歳で近いとはいえ、その差は有意であった。 先行研究によると卵子提供による45歳以上の妊娠率は高いものの、多胎妊娠に続発する合併症の発生率も高いという。Reproductive Medicine and the Society for ARTは、移植胚の個数を決めるときは、レシピエントの年齢よりもドナーの年齢を考慮に入れるべきとのガイドラインを出している。

本研究の最も重要な結論は、卵子提供が妊娠高血圧症/子癇前症に結びつくということである。この傾向は特に未経産婦で強く(オッズ比5.9)、多胎妊娠、単胎妊娠どちらにも当てはまる。PIHを発症したDE-IVF グループの未経産婦の年齢と、PIHを発症しなかった同クループの未経産婦の年齢に差はなかった(オッズ比1)ことから、年齢でなく経産回数や卵子提供の有無が危険因子であるといえる。

卵子提供に関する大部分の先行研究では、PIHが大きなリスクであると指摘されており、その発症率は20%から50%である。この原因として、こうした妊娠がレシピエントにとって免疫学的に異物であることが考えられる。母体と受胎産物の間で不適切な免疫反応が作用した結果、胎盤形成と母体循環系からの切り離しがうまくいかず、かん流圧が増えることで血流が増加し、PIHや子癇前症が起きるという説がある。初産婦に子癇前症が多く、新しいパートナーで妊娠した経産婦にもこの症状がでやすいことも、これで説明がつく。対照群の適切性から、本研究で得られた結果は、子癇前症の原因を探る上で非常に妥当であるといえるだろう。

Outcomes of pregnancies achieved by donor egg in vitro fertilization—A comparison with standard in vitro fertilization pregnancies
Donna A. Wiggins
American Journal of Obstetrics and Gynecology
Volume 192, Issue 6, June 2005, Pages 2002–2006


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-06 18:01 | Materials | Comments(0)

Amraiwadiの女性たち

アフメダバードのスラム街Amraiwadi 56区に住む女性にとって、生活のために危険を犯すことは少しも珍しいことではない。Amraiwadiの女性の70%以上が、生活をやりくりするために血を売ったり製薬会社の実験台になったりしている。

地元の女性に治療実験として投薬されるのは、昏睡状態にある患者の治療薬である。人工的に誘導された昏睡から回復すれば、10万ルピーがもらえる。もし間違いが起きて被験者が昏睡から覚めなくても、事前に夫が知らされていない限り、どうにもならない。

第三の選択は、同じくらい危険な選択肢、つまり裕福な不妊カップルの代わりに子供を生む代理出産である。36歳の代理母が妊娠8ヶ月で亡くなったニュースは、人々にショックを与え、倫理的に疑問の残るこの行為に医学的危険が伴うことを再認識させた。しかしAmraiwadiの女性にとって、代理出産は借金や医療費、家族の生活費を賄うための手段となっている。
彼女らはお金のためだけに代理出産をするのであり、医学的危険には無関心である。

Amraiwadi 56区の人口はおよそ92,000人である。アフメダバードのNGO団体RAAHを運営するPurshottam Parmar によると、この地区の70%にあたる約64,000人が危険を伴う手段で金を稼いでいるという。ParmarのNGO団体はこの地域の貧しい人々と活動を共にし、危険な仕事をやめさせようと努力している。
「3年前、危険な仕事で生計を立てていた人は40-50%だった。そうした人の数が増え、今では70%近くの人が血を売るか、製薬会社の実験台になるか、代理母になるかで、貧困の連鎖と闘っている。」

Parmar の話では、Amraiwadi の貧困層は、ダリット(不可触民、カースト制度において最も差別される人々)、Vagharis部族民、ウッタル・プラデーシュ州などからの出稼ぎ労働者から構成されているという。彼らの大半は非組織部門(unorganised sector:従業員規模が10 人に満たない民間企業を指すのが一般的)の日給労働者である。借家に住み、最低でも月1000-1500ルピーは払っている。

女性は、近隣の地域で家政婦か料理人として働く。しかし、毎日200-300ルピー稼げる料理の仕事があるのは結婚シーズンだけである。家で線香作りや裁縫の内職をする女性もいる。けれども、こうした仕事から得られる収入は4-5人の家族を養うにはとても足りないとParmarは言う。
「夫と妻、子供2人と両親、合わせて6人分を稼がねばならない女性が多い。夫も小さい職場で雇われているので、日に100-150ルピー、月に20日しか働けない。その上男は自分の給料を酒やギャンブル、グトゥカー(口に入れ刺激を得る嗜好品)などに使ってしまう。結局、家族を養うのは女性の肩にかかってくる。」

新薬の治療実験に応募するのは、ほとんどが女性である。しかし、25-30歳の若い層が、バイクや携帯電話などを購入するためにそうした実験に応募するようになってきた。「リスクの少ない薬の実験なら、被験者の女性や若者に対し8000-10000ルピー支払われる。大抵、家族はその実験のことを知らない。エイズやガンの薬の実験に応募すれば15,000-30,000ルピーくらいになる。」とParmarは言う。

昏睡状態の患者を治療するための薬の実験の被験者は、ほぼ女性だという。「こうした実験だと、被験者はムンバイに6ヶ月いなければならない。人工的に誘導された昏睡から回復すれば、8万から10万ルピーもらえる。もし昏睡から覚めなければ、夫を黙らせるため金が支払われる。夫が実験のことを知っていればだが。」

56区では代理出産する女性も増えている。血を売るか、人体実験か、代理出産。56区の女性が金を稼ぐ選択肢は限られている。そこにはインド社会の差別の問題も横たわっている。

Surrogacy or coma, is the choice in Amraiwadi
[DNA May 21 2012]

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-05 12:06 | Countries | Comments(0)

Akanksha Clinicがギネスに

500人目の代理出産児が誕生したアナンドのAkanksha IVF センターが、ギネス記録に申請している。2004年以来独力で、牛乳の町アナンドを代理出産の町に変えた草分け的存在ナイナ・パテル医師は「我々のクリニックはこれまでのところ、世界のどこよりも成功例を多く出している。」と言う。

8年間でクリニックの名声は世界中に広まり、近隣のパキスタン、バングラデシュ、スリランカに加え、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、南アフリカ、ルーマニア、デンマーク、イスラエル、フィリピン、シンガポール、台湾など、代理出産を提供した不妊カップルの出身国は29カ国に上る。

パテル医師の顧客の半数以上は外国人かNRIである。「様々な患者がいる。独身の男性や女性も来る。」パテル医師は地元の女性を代理母に採用し、彼女らの生活を助けている。「いい金になるからといって2回3回と代理母になる女性もいる。」

3児の母であるShardaben Solanki (36)は、アメリカ人カップルと台湾人カップルのために3人の子供を代理出産で生んだ。夫は月4000ルピーでガードマンをしている。この代理出産のおかげで、家族は家と土地を購入し、それが今や800万ルピーの価値になった。「私に触発されて、同じ村の女性たちも代理母になり、生活が良くなった。」とShardabenは言う。

ナイナ・パテル医師が2004年に代理出産センターを始めたとき、代理母の報酬は15万ルピーから20万ルピーだった。今は32万5000ルピーから37万5000ルピーに増え、双子を産めばさらに10万ルピー追加される。

India’s surrogacy hub aims for Guinness world record
by Times of India
[aarogya.com 19 June 2012]

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-04 10:51 | Countries | Comments(0)

グジャラート州はもともと子供の性比の偏りが大きい地域である。2011年の0-6歳児の性比は、男児1000人に対し女児886人であった(インド全体では1000:914)。生殖補助医療に関しても、男女比の問題は懸念の対象であった。しかし今回、アフメダバードのIVFセンター12施設を対象に実施された調査で、去年誕生した女児の数が男児を上回ることがわかり、市は調査結果を「嬉しい驚き」と評した。

データの収集に携わったアフメダバード市の保健衛生官Dr Neelam Patelは「データでは54:46で女児が上回った。IVFクリニックで生まれる子供の性比を確認するのが目的だったが、得られたデータ結果は嬉しい驚きであり、安心した。」

Paldi(アフメダバード南西の繁栄地域)でIVFクリニックを経営するDr Falguni Bavishiは次のように言う。「うちのクリニックの分娩結果は、55.6%が女の子で44.4%が男の子だった。性別を選ぶことはできない。偶然に任せるしかない。」Navrangpura(アフメダバード西部)にクリニックを持つDr Manish Bankerhは「去年の1月以降、体外受精による出産を56件、双子のケースも含めて手がけた。そのうち46人が女の子で31人が男の子だった。」と言う。

グジャラート州の他の地域でも、こうした傾向は見られるようだ。「surrogacy capital」の異名を持つアナンドでIVFクリニックと代理出産センターを経営するDr Naina Patel は、「2011年に生まれた女の子は120人、男の子も同じくらいで、そのうち40%が体外受精児。北インド出身の患者は男の子が欲しいと依頼してくるが、応じない。他の地域の患者からそうした指定を受けることはない。」と語った。

Test-tube babies beat sex ratio in Ahmedabad
written by Bharat Yagnik & Radha Sharma
[Times of India Jun 13, 2012]

Mehsana, shame of India!
[Times of India Jan 13, 2012]

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-09-03 14:26 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)