人気ブログランキング |


[エージェント]
Surrogacy Australia

Gay Dads Australia




[ガイドライン、政府文書]

REPRODUCTIVE Technology Accreditation Committee's code of practice

National Health and Medical Research Council guidelines (匿名ドナーの禁止)

Assisted Reproduction technology in Australia and New Zealand 2006or最新のもの








http://www.rtc.org.au/docs/Jenni_Millbank_talk.pdf#search='Consultation+with+donors+who+donated+gametes+in+Victoria%2C+Australia+Before+1998'


http://humrep.oxfordjournals.org/content/early/2013/12/06/humrep.det434.full.pdf


http://www.parliament.nsw.gov.au/Prod/Parlment/committee.nsf/0/089181807c549768ca257cc7008251cb/$FILE/Final%20Report%20-%20Managing%20donor%20conception%20information.PDF



Victrian Assisted Reproductive Treatment Authority. A statistical snapshot of the donor registers in Victoria for 2010-2011. VARTA


National Health and Medical REsearch Council, Ethical guidelines on the use of assisted reproductive technology in clinical practice and research 2004 orもっと新しいも



[IVFクリニック(シドニー・メルボルン)]


[政府機関・医学会]


産婦人科学会


医師会 Medical Council










Standing Review and Advisory Committee on Infertility (SRACI)




[donor registry]




[当事者団体]






Melbourne Anonymous Donors




[研究者・医師など]

Melbourn IVFのCounceling Service Manager Marianne Tome
Medical Directorの Dr. Lyndon Hale
Monash IVFのCounseling servise部門 ManagerのRota Alesi
Monash University researcher Dr. Larin Hammarberg, and Dr. Maggie Kirkman
Australian Medical Association state president Stephen Parnis.
Law reform committee deputy chairwoman Jane Garrett, Committee chairman Clem Newton-Brown,




















by technology0405 | 2014-11-03 21:06 | Related Link | Comments(0)

無償で精子提供をすると称する個人運営のサイトやブログが急速に増加している。
不妊カップル、独身女性、レズビアンカップルなどへの提供が可能であるとしている。
ドナーは高学歴で優秀な遺伝子の持ち主であることが謳われているケースもある。
方法としては、人工受精に準ずるものとして、器具を使うもののほか、性交渉を暗に示す方法が選択肢として提示されているものもある。
動機として、少子化に対し自分の精子で貢献したいということも書かれている。
背景として、女性の出産育児を支える男性の経済能力の長期的見通しの不透明化と、男性の育児・子育てに対する意欲や能力がそれに比例して上昇していないというアンバランスさが存在するかもしれない。「せめて自分の遺伝子くらいは残したい」という願望が見え隠れする。
また、こうしたサイトを開いた個人のなかには、AIDで生まれた子どもたちによる出自を知る権利を求める活動が活発化していくなかで、"精子提供"の存在を知った人もいるかもしれない。
精子は、物理的な取り扱いが比較的容易であり、個人間での精子の取引を規制することは売買春と同じで、難しいのではないだろうか。

増殖する国内精子提供サイトについては、NHKの番組でも報道された。

徹底追跡 精子提供サイト


精子提供を無料で:精子バンク コウノトリ


精子提供を無料で ゆめたま


精子提供ボランティア 愛情くん


精子提供 精子バンク ゆめ音符


日本精子バンク機構


精子を無償で提供します


精子提供・妊活サポート 七色のタンポポ


個人の精子提供(精子ドナー)ボランティアです


精子バンクドナー(無償精子提供者)全国へ提供可能です
by technology0405 | 2014-09-09 12:02 | Related Link | Comments(0)

スーダン関連リンク

1999年9月、スーダンで最初のIVFセンターKhartoum Fertility Centerが設立され、2001年4月15日、スーダン初のIVF児が同センターにてYagoub M A Magid医師のもとで生まれた。2.5kgの双子の女児であった。2000年には国内2番目となるSudan Assisted Reproductive Centerが設立され、2004年3月に男女の双子が生まれている。

IVFセンター
Royal Care International Hospital ( مستشفي رويال كير العالمي‎) 

Nile Fertility Centre
Dr Yagoub M A Magid

Reproductive Health Care Centre

KHARTOUM FERTILITY CENTER

Sudan Assisted Reproduction Clinic

Dr. Elsir Abuelhassan Fertility Centre

Sudanese- German Fertility Centre

Asia Fertility Centres

Janeen fertility Centre

Saad Abo Alila Fertility Centre
(low cost IVF donated by Low cost IVF foundation)

Ansab Fertility Centre

関連団体
Ministry of Health

Sudan Fertility Care Association

資料
Short-term Outcome of In-vitro Fertilization Babies (IVF) In Sudan
Zeinab Mohammed Gaily, Eisir Abu Elhassan Elhussein, Zein EIAbdeen AlRahim Karar
SUDANESE JOURNAL OF PAEDIATRICS AND CHILD HEALTH Val.10: 2010

Reviewing infertility care in Sudan; socio-cultural, policy and ethical barriers
D.S. Khalifa, M.A. Ahmed
ESHRE Expert meeting, “Socio-cultural and Ethical aspects of Biomedical infertility care in poor resource countries”, Genk-Belgium
21-22 November, 2011

Sudan Getting Low Cost IVF
[FuturePundit, August 26, 2009]

Africa obtains low-cost fertility treatment
[swissinfo.ch September 28, 2009]

In Vitro Fertilization About to Go On Sale < $360
By: Aaron Saenz
[Singularity Hub. 09/7/09]
by technology0405 | 2013-10-03 12:42 | Related Link | Comments(0)

中国の女性団体

中华全国妇女联合会 All‐China Women's Federation
中華全国婦女連合会(中華婦女連)。中国の女性を代表する唯一の全国組織であり、中国共産党の指導の下に、省、市、県など地方. 行政体の各レベルに下部組織がおかれている。 1949年に創立。中国の女性の人権、地位向上と男女平等を推進する活動をする、中国最大のNGO。
参考 中国女性NGO の発展 劉伯紅

性别平等

妇女传媒监测网络 Media Monitor for Women Network
北京市

中山大学性别教育论坛

广州新媒体女性网络

手牵手工友活动室
「手と手をつなぐ」労働者活動室

北京红枫妇女心理咨询服务中心
紅楓女性カウンセリング・サービスセンター、北京市

中国妇联新闻

中国妇女发展基金会
北京市

中国妇女研究网 Women's Studies Institute of China
北京市

北京大学中外妇女问题研究中心

社会性别社区网
天津市

大连大学性别研究中心
大連

中山大学性别平等立法研究暨推动课题组

中华女子学院社会与女性学系
北京市

中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト
遠山日出也氏 作成

广州市妇女联合会

广东省妇女儿童工作委员会

广东省统计局

广东省人口和计划生育委员会

广州市人口和计划生育局

广州市计划生育协会
by technology0405 | 2013-02-14 12:17 | Related Link | Comments(0)

特別養子縁組制度

不妊当事者のブログ
不妊症ってなぁに?コウノトリをつかまえに出発 
2006年6月39歳で不妊治療を開始
2006年 AIH 1回目
2006年11月不妊外来4回+入院5日 卵巣嚢腫ラパロ(腹腔鏡)手術
2007年7月 ICSI 1回目
2007年9月 ICSI 2回目
2007年10月 AIH 2回目
2008年3月 AIH 3回目
2008年4月 ICSI 3回目
2008年8月 ICSI 4回目
「不妊治療、長く続いてます。ってか、ゴールはどっちにしても無いとは思うんですが・・(中略) 死を近くに感じる昨今。( ̄▽ ̄*)ゞこりゃー、不妊治療をきっぱり止めないとヤバイんじゃないの?」2008年12月のブログより

特別養子縁組をした夫婦のブログ
Victory Family(特別養子縁組家族日記) 
40歳で子宮筋腫を患い、子宮全摘出手術を受ける。
民間へ養子の申し込み・面接→1年後に該当の知らせが来る
2010年3月:子供(新生児)が家に来る。家庭裁判所へ申立。
2010年4月:家裁に出廷。家裁の調査官の家庭訪問。
2010年5月:児童相談所に「同居児童の届」を出す。
2010年9月:児相の担当者の家庭訪問
2010年10月:家裁の調査官の家庭訪問
2010年11月:確定書が届き、戸籍入籍。
「特別養子縁組という子どものための福祉を多くの方に知ってもらえたらうれしいです」2011年10月のブログより

dai-dai大好き!特別養子縁組ファミリー☆ 
不妊治療で通院し、人工授精や体外受精などもしたが流産の繰り返し。結果的に、7件の病院をまわる。「お互いの機能はあるのに、出来ない・・できても流産する。という結果では、いつか出来るだろう~。と治療の止め時が決断出来ないものです。」ブログより
37歳で民間へ第1子の申し込みをし、38歳で長男を、41歳で第2子を養子にする。
「特別養子縁組で、新生児を授かることができ、名前も付けさせて頂き、私たちは、今、とても幸せを感じています。」2010年7月のブログより

一緒に歩こうよ。~特別養子縁組しました。 
40歳で不妊治療を開始、AIH6回、顕微授精を2年間で10回以上行う。
特別養子縁組制度のことを知り、児童相談所に相談するが、40歳以上の親には学齢の子供しか紹介できないと言われ、民間に養子を申し込む。民間の団体の面接の10か月後、該当の知らせがくる。
「特別養子縁組というとなんだかとても大変そうだけど、子供を育てるのはどこでもいっしょ。決して養子のススメではありませんが、こんな道のりもあるんだって思っていただければ幸いです。」ブログより

こうした当事者に共通しているのは、①不妊治療をつらいと感じながらもなかなか治療を中断できないこと、②養子縁組の話について、医師からは一切情報を得ていないことである。「子供を持ちたい」という願いに、不妊治療という回答しか与えられない女性は、際限なく治療を繰り返し、その結果、経済的にも精神的にも大きな負担を負う。

児童相談所は特別養子縁組に積極的でなく、NPO団体などの民間が中心となって斡旋業務を行っている。児童相談所では何年も待たされるうちに、希望者の年齢も、施設に保護された子供の年齢も上がってしまうという現実がある。

愛知県の新生児委託制度などをモデルに、特別養子縁組を前提とした里親制度が推進されれば、不妊治療者のためにも、子供の利益と福祉のためにも良い結果が生まれる可能性は大きい。親は、自分で名前を付けて新生児から育てることができ、子供も生まれた時から家庭で育つことができるので、親子のつながりをより感じることができる。少なくとも不妊当事者たちに、こうした養子縁組制度の存在を知らせることは重要だ。


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-11-22 16:14 | Related Link | Comments(0)

養子斡旋団体

熊本・慈恵病院「こうのとりゆりかご(赤ちゃんポスト)」 
運用開始:2007年5月10日
運用状況:2007年5月-2008年3月に17人、2008年4月-2009年9月末に34人、
2009年度15人、2010年度は18人
設置後の4年間で、預けられた子供は累計75人
預けられた子供は、実親からの連絡がない限り熊本市長が名付け親になり赤ちゃんの戸籍が作られ、児童相談所の判断により健康な赤ちゃんは乳児院で養護

岡山県ベビー救済会 
運用開始:1992年12月
運用状況:1992年12月~2011年5月時点で特別養子縁組成立 349組

環の会 
運用開始:2000年4月
運用状況:会発足以来、特別養子縁組233組と普通養子縁組7組が成立
養親の条件:特別養子縁組の手続きを取れる夫婦、夫婦共に年齢が39歳以下、夫婦どちらかが専業主婦

アクロスジャパン 
運用状況:5年で49組成立
養親の条件:シングル不可、少なくとも子供が3歳まで夫婦どちらかが専業主婦、夫婦共に43歳以下、入籍して3年以上の夫婦、安定した収入、児童相談所の里親認定書を持っている夫婦

NPO Babyぽけっと 

NPOベビーライフ 
運用開始:2009年
養親の条件:夫婦ともに満25歳以上60歳未満、里親認定証を持っている夫婦

愛知県産婦人科医会 赤ちゃん縁組制度
発足:1976年
実績:特別養子縁組を前提とした新生児の里親縁組 平成17年-21年で43組 
新生児里親委託の実際について(愛知県) 
養親の条件:概ね40歳まで

小さないのちを守る会 

さめじまボンディングクリニック 
鮫島浩二院長インタビュー http://allabout.co.jp/gm/gc/188661/

家庭養護促進協会・大阪事務所 
運営開始:1964年

家庭養護促進協会・神戸事務所 
運営開始:1962年

社会福祉法人 日本国際社会事業団(issj)
運営開始:1959年
国際養子縁組に対応

末日聖徒イエス・キリスト教会 LDSファミリーサービス

愛の決心


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-11-22 13:43 | Related Link | Comments(0)

Coanの論文

ASSISTED REPRODUCTIVE EQUALITY: AN INSTITUTIONAL ANALYSIS
by Andrew B. Coan   / October 25, 2010

The Future of Reproductive Freedom
by Andrew B. Coan / October 24, 2010
by technology0405 | 2010-12-07 15:05 | Related Link | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)