人気ブログランキング |

ドナーの情報を遺産として残そう

d0170396_09024691.png
Donor Legacy Project


オーストラリアのビクトリア州では、現在、配偶子提供を匿名で行うことは禁じられ、ドナーの情報は全てオープンにすることが義務づけられている。

しかし、過去には匿名で行われていた時代があった。

その時代に提供したドナーには、提供によって生まれてきた人々のため、自らの情報を登録するようVARTAなどが呼びかけてきた。

もっとも最近のキャンペーンとして、VARTAが運営しているVolunteer Registerに対し、アルバムやビデオなど様々な形式でド

ナーの生の情報を提供してくれるよう呼びかけるDonor Legacy Projectが行われた。

オーストラリアで配偶子提供が匿名で行われてきたのは主に70年代から80年代の初め頃で、当時20代の学生などが中心であった。

そのため、当時のドナーは、現時点で70歳前後となり、高齢化している。

このため、ドナーが生きている間に子どもたちがVolunteer Registryにアクセスできるとは限らない。

特に、面会可能なドナーに関しては、生きている間に面会が叶わない可能性もあるため、

アルバムやビデオメッセージとして、残しておくことを推奨している。

自分はどのように生きてきたのか、そして子どもたちにどのようなことを伝えたいのか、生前、生き生きとした形で媒体に残しておくことができる。

課題は、これらの作業に関してドナー側が全て自分で行わなければならないことである。高齢にもなれば、こうした最新の媒体に精通していない可能も高く、VARTAのガイダンスには、もしやり方がわからなければ、詳しい親族や友人に手伝ってもらってくださいと書かれているのみである。希望者に対して、VARTAのスタッフから援助があれば、デジタル化は、もっと進むだろう。

このプロジェクトには、一見してドナー側には何のメリットもない。何十年も前に匿名で精子提供を行ったことに対して、現在、このような形で協力を求められるのは、ドナーにとって負担であり、本意ではないかもしれない。

しかし、配偶子を提供するということは、現実にはそれだけの責任を伴うということだろう。当時、医師やクリニックはそこまで・そんな風には説明してくれなかっただろうが。

精子や卵子の提供は、小遣い稼ぎといった感覚で行うのではなく、それだけ重みを持った行為であることを認識すべきなのかもしれない。







by technology0405 | 2019-04-09 09:19 | Materials | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)