人気ブログランキング |

卵子提供から生まれた子どもへのインタビュー(MarinaとNick)


d0170396_16460229.png
Interview with a donor conceived child.




母: もう何万回も聞かれていると思うけど、卵子提供で生まれたことを知った時のことを教えて?

Nick 聞いた時のことはもう覚えていない。気がついたら既に知っていたという感じ

母: ドナーから生まれたことをどう思っているの?

Nick ぜんぜなんとも思っていない

母: ドナーを探した時にこと教えてくれる?

Nick: ドナーに興味を持ったので、母がクリニックに手紙を書いてくれた。それで、卵子ドナーのJenniferと晩御飯を食べたんだ

Marna: 彼女のことをどう思っているの? もしドナーに会えなかったらどう思った?

Nick: 好きさ。もし知ることができなかったらとても困っていたと思う。打ちひしがれるとか、悲しみにくれるというほどではないけどね。

Marna: そういえば、Jenniferは他にも4-5回くらい提供してたの知ってると思うけど、他に子供が生まれていることについて、どう思う?

Nick: その子たちのことは知らない。いちおうはHalf siblingsということになるけど、自分はそんな風に思っていない。ただの人。だって、遺伝的に繋がっているというだけで、繋がりがあるとは感じないから。あなたとは遺伝的に繋がっていないけど、つながりがないとは感じないのと同じ、だからそれは自分にとって重要なことじゃない。

Marma: 将来、その人たちに会いたいと思う?

Nick: 向こうが会いたいならいいよ。でも、自分はどっちでもいい。

Marina: そんなに強く思って(burning desire)ないんだ?

Nick: うん。

Marina: もし誰かが、ドナーとあなたが似ていると言ったら、どう思うの?

Nick: 彼女と兄弟姉妹やおばさんのようなふりをすのは楽しいよ。

Marina: あななたたちは本当によく似ているわね、どちらも私にとっては可愛らしく感じられる、母親として・・・。

Nick: 彼女は42歳だからもう中年なのに、子ども?

Marina: そうね、私はあなたのママで、卵子提供についてはものすごくオープンにしている。でも、他の子供たちに話した時はどんな反応だったの?

Nick: 学校で、family treeをつくられたことがあって、そこに自分はJenniferを入れた、その時は彼女のことを知らなかったけど。クラスの半分は気にしてなかったな、あとの半分は、すごい(cool)、と思ってくれたみたい。


Marina: 思い出した、何人かの子供たちは私のところへ来て、自分もそんな枝が欲しいと言ってたわ。

Nick: うん、だからネガティブな反応はなかったと思う。

Marina: ネガテイブな反応はこれまでなかったの?

Nick: ないよ、だってここ(Portland)にはもっと変なことがいっぱいあるし、誰も気にしてないよ。

Marna: そうね、私もネガティブな反応はこれまでなかった。これが最後の質問になるけど、卵子提供の家族について、このビデオを見ている人に対して、どんなことを知って欲しいと思う?

Nick: これを見ている人がどんな人でどんな父親、どんな親かは知らないけど、子供には早く伝えて、大きな問題にはしないこと、そうすれば、子供たちも全然気にしなくなる。自分にとっても、卵子提供で生まれたということはたいした問題ではない。もし今そんなことを言われたら、たぶん面食らってしまうと思う。でも養子と同じことかな。養子の子供が後で知ったとしたら、やっぱり大きなショックを受けるだろうと思う。だからオーブンにすべきだと思う。

Marina: そうね。いつも家ではなしていたわね。奇抜なことにしなければ、子どもも奇抜(weird)なことだとは考えない。

Nick: そうだ、だからそんなに驚かないよ。

Marina: じゃあ、どんなことだと面食らうの?

Nick: わからないけど、例えばバイクを持って行かれたとか、

Marina: 運転免許証とか、そんなことね。

Nick: うん。

Marina: サンキュー、バイ。







by technology0405 | 2017-02-14 16:43 | Materials | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)