人気ブログランキング |

中国の代理出産取り締まり強化


代理出産技術や精子の不法採取などの9種類の違法行為を撲滅する‐2月5日、ヒト生殖補助技術管理規範テレビ会議が北京で開催された。中国衛生部、中国総後勤部が『ヒト生殖補助技術管理規範活動法案』を提案し、生殖補助医療を行う機関の内部統制や違法機関の処罰を要求する。衛生部部長の陳竺は、「今回の行動の遂行は今年の主なプロジェクトであり、監督の体制を整え、監督の職責を明確にし、生殖補助医療に関する法律や技術を規範し、長期的かつ有効な監督機制を制する」と指示した。中国では、100組毎に7組~10組のカップルが不妊症であるとされており、その中で20%の不妊カップルが生殖補助医療の治療を受ける必要があると推測されている。2012年の年末の時点、352軒の医療機関が生殖補助医療の運用や精子バンクの設置の許可を受けている。2011年、生殖補助医療を通じて、6万組以上の不妊カップルが子供を産むことができた。しかし近年、一部地域の日常の管理や審査を怠っているせいで、生殖技術のサービスや市場がかなり混乱している。資格を持っていない人や機関がひそかに生殖補助医療を行ったり、インターネットで排卵誘発剤を販売したり、医療施設の人員なのに利益を追求して不法行為をしたり、法律で禁止された代理出産や卵子の取引をしたりすることが多発しており、社会に多大な悪影響をもたらした。
 陳は、「法律に反する生殖補助技術を行うことは、国民の健康権を侵害する行為である。例えば、代理出産や不法精子、卵子の採取と提供を通じて伝染病が移りやすく、先天性欠損症の発症率も上がり、社会倫理関係の混乱をもたらし紛争になりやすい。これらの行為は我が国の法律の厳粛性への挑発であり、衛生行政部門にとって新たな大きな挑戦である。今回の管理規範活動は生殖補助技術の規範を推進し、衛生部門の監督職責の意識を強化し、国民の健康権を守るものである」と述べた。
 『ヒト生殖補助技術管理規範活動法案』では、現在の法律によると、以下の違法行為を重点項目として処罰する:医療機関が許可をもらわずに精子バンクを経営し、生殖補助医療技術を開発すること;医療機関が範囲規制を超えて生殖補助医療技術を開発すること;配偶子、受精卵や胚の不法売買;精子の不法採取や、「ヒト精子バンク許可証」を持っていない機関で提供した精子を使用すること;代理出産を行うこと;生殖補助医療技術を行う際に性別選択をすること;医療機関の職員が違法な生殖補助医療技術の開発や使用などを関与すること;排卵誘発剤の濫用や不法売買;『ヒト生殖補助医療技術管理法案』、『ヒト精子バンク管理法案』、『軍隊医療機関におけるヒト生殖補助医療技術管理法案』に違反すること。『法案』によると、規範活動の間、生殖補助医療技術の審査を一時見合わせ、審査済みの生殖補助医療技術を改めて審査する。各地は審査済の上で許可を受けている生殖補助医療技術機関を公示し、メディアや国民からの監督を積極的に受ける。審査不合格の機関は期限までに内部統制を要求し、また審査に落ちた場合、技術資格を取り消す。今回の規範活動を通じてまとまって違法事件を処理し、完備している監督制度を設け、定期検査制度を強化し、動的管理審査を徹底し、定期検査や不定期検査を行う。その上、違法機関や個人のブラックリストを作成し、警察に通報する。
 総後勤部衛生部の副部長王玉民は、「軍隊医療機関は生殖補助医療技術を開発する過程で、技術のビジネス化や拡大化を厳禁する。監督職責を明確し、全面的にネットワーク管理を遂行し、制度の抑止力や監督の執行力を上げる」と述べた。 



by technology0405 | 2015-01-16 10:02 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)