人気ブログランキング |

イギリスで高齢女性の多胎出産増加

イギリス国家統計局(ONS)の報告によると、45歳を超えた女性による多胎出産件数が23%増加した。IVF治療を利用する高齢女性が増えたことが一因だろうとTelegraph紙は述べている。

45歳を超えた女性による全出産件数のうち、多胎出産は9.9%から11.6%に増加した。他の全ての年齢集団で、多胎出産は減少している。多胎出産率が2番目に高かった年齢層と比べて、45歳を超えた女性の多胎出産率は4倍近かった。全体の多胎出産率は0.2%減少した。

IVF治療の普及は多胎出産率に大きな影響を与えてきた。これまでに最も高い増加率が記録されたのは、多胎出産率が22%上昇した1990年から1995年である。これはIVF治療の普及と時を同じくする。
IVFによる多胎妊娠は、母子のリスクを増大させることが知られている。こうしたIVF治療と多胎出産の関連にはHFEA (Human Fertilisation and Embryology Authority)も懸念を示しており、多胎出産を徐々に減らす対策を行なってきた。

しかし、2013年10月に高等法院が、クリニックに対しライセンス発行の条件として多胎妊娠の上限を課すHFEAの政策を不法とした。この判決により、多胎妊娠率の上限に関する項目は、クリニックのライセンス発行条件から削除されることとなった。

英国国立臨床研究所(NICE)もまた、移植胚の個数に関するガイドラインを更新し、多胎出産件数を減らす努力をしている。ガイドラインは、患者の年齢、得られた胚の質などを考慮しつつ、なるべく移植胚を1個にするよう推奨する。40-42歳の女性は質の良い胚盤胞が得られた場合は1個を移植し、それ以外の場合は2個の移植を「検討」するよう求めている。NHS(国民健康保険)は、IVFサービス提供に関しては42歳までが望ましいとしているが、42歳を超えた女性でも受け入れる私立クリニックは存在する。

Sharp rise in multiple births for older mothers
By Ari Haque
[Bio News, 25 November 2013]

HFEA loses legal battle on enforcement of multiple birth quotas
[Bio News, 15 November 2013]
by technology0405 | 2014-03-03 12:59 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)