マレーシア人代理母増加、移植はタイで

マレーシアのシングルマザーたちが、シンガポールの不妊カップルのために代理出産しているとChina Pressが報道した。シンガポールの不妊カップルは、たとえ出生証明書の母親の欄に代理母の名前が記載されても、代理出産サービスに支払うS$40,000を惜しまないという。

シンガポールで不妊カップルに代理出産サービスを提供しているAsian Surrogatesの創始者Ho Kok Keong氏(60)がこの仲介ビジネスを始めたのは7年前である。法規制を避けるため、Ho氏は不妊カップルと代理母がタイで全ての手順を踏めるようアレンジしてきた。シンガポールでは、女性が代理母になることも、不妊カップルが代理出産を依頼することも、また医師が代理出産を手助けすることも禁じられている。マレーシア人代理母は通常マレーシアで子供を出産し、子供の母として登録される。カップルはマレーシアで子供を引き取る手続きをし、合法的に子供を連れて帰る。代理出産サービスの値段は全部でS$45,000。Ho氏のところにいる代理母10人は全員20-22歳だという。

International Islamic UniversityのMajdah Zawawi 准教授は、マレーシアで代理出産が広がりを見せるなら、代理出産法を検討すべきだと考えている。現在のところ、ムスリム以外のマレーシア人に対して代理出産を禁止する法律はなく、代理出産に関するケースが裁判で争われたこともないので判例も不在。シンガポールやタイで契約が結ばれ問題が起きた場合、事態はいっそう複雑になると考えられる。

Childless S'pore couples seek surrogate mothers from Malaysia
[Asia One, Oct 28, 2013]

Pregnancy For Sale
[malaysiandigest.com 07 November 2013]

Single mums opt to become surrogate mothers for a fee
[The Star/Asia News Network, Oct 28, 2013]

The fertile debate over surrogacy
By June Moh
[The Heat, 21 Nov 2013]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2014-02-13 16:27 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)