カザフスタンの商業的代理出産

Institute of Reproductive MedicineのディレクターTamara Dzhusubalieva産婦人科医によると、カザフスタンでは、年間約100家族が代理出産によって子供を得ているという。2011年12月に出された「結婚および家族に関する法律」の下では、35歳未満で自分の子供を少なくとも1人持つ健康な女性が、自らの意思で代理母になることができる。

アルマトイ(カザフスタン最大の都市、1998年まで首都だった)だけで年に約100件の代理出産が実施され、50-60人の子供が生まれている。ほとんどが商業的代理出産であるが、代理母への報酬金額は契約者同士の秘密とされている。依頼女性の友人や親戚が利他的動機で代理母になる場合もある。

契約内容は当事者以外に公開されないが、インターネットの代理母募集サイトを見ると、報酬は、10000-30000ドルに毎月の費用が加算されるのが一般的。インターネットの掲示板には「23歳、既婚。2歳半の子供が一人。合併症なしの自然分娩。悪癖なし。中絶、流産経験なし。 カザフ人、身長160センチ、体重60キロ。血液型AB+。身体的にも精神的にも健康。代理母の経験なし。アルマトイかアスタナに行くこと可能。法的契約必須。希望報酬20000ドルに加え毎月50000テンゲ(333ドル)。」などの投稿が見られる。

カザフスタンには、代理出産プログラムを実施する資格を持つIVFセンターが10機関ある。
2011年法によると、代理母は出産後すぐに子供を依頼親に引き渡し、引き渡し後は子供に対する一切の権利を失う。土壇場で依頼親が引き取りを拒否した場合には、子供は依頼親からの財産相続権を有したまま国のケアの下に置かれる。

法律 CODE OF THE REPUBLIC OF KAZAKHSTAN On Marriage and Family 2011
第9章(54条‐59条)が代理出産と生殖補助医療

法律 "О репродуктивных правах граждан и гарантиях их осуществления"
Закон Республики Казахстан от 16.06.2004 N 565-2
17条が代理出産、18条が配偶子提供

60 families have kids via surrogacy in Almaty yearly
[TENGRI NEWS 05.04.2013]

Kazakhstan women ready to become surrogate mothers for $10 thousand
[TENGRI NEWS 10.04.2013]

Thanks surrogacy about 100 families a year acquire children in Kazakhstan
[International Agency "Assisted Motherhood", Ukraine. 04 April 2013]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2014-01-30 16:00 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)