「一人っ子政策」罰金を違法に徴収

中国「一人っ子政策」めぐり違法な罰金徴収、監視強化へ=新華社
ロイター2013年9月19日の記事より抜粋 
[北京 19日 ロイター] - 中国の「一人っ子政策」に違反していたとして、2億6000万ドルの罰金が違法に徴収されていたことが審計署の調査で発覚したため、国家衛生・計画生育委員会は監視体制を強化する。中国国営新華社が報じた。
1970年代後半に人口抑制策として導入されたこの政策には、国民が怒りを募らせていた。
一部の夫婦に第2子をもうけることを認めるなど、家族計画に関する規制は年々緩和されているものの、一人っ子政策は中国の人口の63%をカバーしている。
19日付の中国紙によると、国内9つの省・直轄市にある45県を対象に2009─2012年に実施された審計署の調査の結果、徴収された罰金16億元(2億6000万ドル)が違法に徴収されていたことが判明した。
「社会扶養費」として徴収されるこの罰金は、第2子以降に生まれた子どもが利用する資源や公的サービスへの対価として政府予算に充てられることになっている。
新華社によると、国家衛生・計画生育委員会の毛群安報道官は、こうした罰金は「一人っ子政策の実施を確実にするための手段」と語った。同委員会は「地方の家族計画関連部署に、罰金の徴収および管理をめぐる不正行為を是正するよう」求めている、という。
新華社によると、同委員会は、監査手続きで発覚した問題への効果的な対応策を講じ、罰金の徴収と管理に関するシステムを改善していく方針で、監視を強化し、地方の家族計画関連部署に情報を市民に公開するよう指導していく、という。
審計署の調査では、夫婦が規定に違反してもうけた子どもの数の報告が不正確、罰金徴収が不十分、規定よりも高い罰金を科すといった問題が発覚した。
ただ、地方政府が一人っ子政策違反に関連して徴収した罰金のうち、使途不明金は165億元を超えるとの弁護士の指摘もある。

その他関連記事
China to crack down on family planning fines after abuses found
Zhuang Pinghui
[South China Morning Post, 19 September, 2013]

「一人っ子政策違反」で拘束=罰金・堕胎継続か-中国
[時事ドットコム 2013/11/21]

「一人っ子政策」違反の罰金、22省で2700億円 広東省と江蘇省は公表拒否―中国
[XINHUA.JP 2013年10月2日]

一人っ子政策の罰金を不正流用 中国
[産経ニュース 2013.9.20]

一人っ子政策の罰金は年3200億円に、地方政府を支える財源に(水彩画)
[Kinbricks Now 2013年08月18日]

年收200亿社会抚养费成放开“单独二胎”最大阻力
[经济观察网 2013-08-17]

社会抚养费“抚养”了谁?
[2013-08-04 来源:光明网]

Too little, too late? China takes small step in relaxing one-child policy
Keira Lu Huang
[South China Morning Post, 12 November, 2013]
一人っ子政策緩和のニュース。夫婦どちらかが一人っ子の場合、二人目の子供を持つことを認める。

河南邓州计生委被曝订超生罚款指标
[2011-07-29 来源: 大河网(郑州)]

超七成县乡计生干部认为应放宽生育
[2012年06月18日 来源于: 财新网]
中国人民大学の顧宝昌教授、杭州師範大学人口研究所の王涤所長が2009年に江蘇省、浙江省、上海市、広東省で基層自治体の一人っ子政策担当者に対して実施したアンケート調査によると、74%が緩和するべき、18%が不必要だと回答した。(歴史的役割を終えた一人っ子政策が廃止されない理由=罰金財政と一票否決制―中国 参照)
[PR]
by technology0405 | 2013-11-28 13:54 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)