カンボジア初のIVF提供の見通しは

2012年初めにプノンペン(カンボジアの首都)にオープンしたDr Sean Sokteangのクリニックには、670組のカップルが患者として登録されている。このクリニックは、カンボジアで初にして唯一の、不妊治療を提供するクリニックである。

患者の一人で、2年間の不妊に悩むDavidも、タイでの治療に失敗したあと、このクリニックでIUI(人工受精)を受け、2ヶ月後に妻が妊娠した。「子供がいないことを恥ずかしいことだとは思っていないが、周囲に子供のことを聞かれ続けてうんざりした。」とDavidは言う。

カンボジアの不妊について統計はとられていない。Sokteang医師は「カンボジアにも世界の他の国と同様に不妊の問題は存在する。しかし、医療へのアクセスや健康問題に対する意識が低いため、不妊カップルの多くが誰にも相談せず苦しんでいる。コンドームの使用を促進する活動は盛んだが、妊娠を望む人々に対する援助はない。」と語る。

Sokteang医師は、国内の不妊治療に自分の使命を見出している。彼女は、2014年初めに国内初のIVFとARTを提供したいと考えている。現在クリニックではIUI(人工受精)をタイ・ベトナムの半額で提供しており、IVFはシンガポールの4分の1の値段で提供するつもりだという。
「IVFを提供してカンボジア人を助けるというのは私たちにとって当然の次段階。もう、不妊治療のために外国にまでわざわざ大変な思いをしに行かなくてもいい。」
彼女のクリニックでは、これまでに130組のカップルが妊娠した。
「誰にでも子供を持つ権利がある。しかし、技術による後押しが必要な人もいる。」

Help on hand
By Charlie Lancaster
[Southeast Asia GLOBE, June 24, 2013]

PRO IVF Center
カンボジア人向けのエージェンシー。タイでの治療をアシストする。

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2013-09-30 16:05 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)