ウクライナでの議論

代理出産は、医療的に必要な場合のみの手段であり、ビジネスではないと、産婦人科医で女性不妊の専門家Nataliya Dankovych医師が記者会見で語った。「代理出産は子宮の腫瘍や異常、心臓疾患など、深刻な病気を持った女性が利用するべき。そうした利用は医療的に必要な処置だ。」と彼女は強調する。Dankovych医師は、商業的代理出産、および外国人がウクライナで代理出産を依頼することに反対している。
彼女は、議会が代理出産を禁止している国の外国人は、ウクライナでも代理出産を利用できない、という内容の規制法を検討していることにも触れた。

またDankovych医師は、代理母が自己卵子を代理出産で使うことも禁止すべきだと考えている。「人工受精型代理出産はウクライナで許されるべきでない。 代理母と子供に遺伝的なつながりがあると、代理母が子供の母親ということになる。」と主張した。

ウクライナでは出産年齢が上昇しており、不妊で悩む女性はさらに増えるだろうと予測されている。ウクライナ国内での代理出産の需要が多くなれば、外国人への代理母提供を問題視する意見も高まる可能性がある。National Academy for Sciences of Ukraineの教授Yuliya Davydova氏によると、ウクライナでの第一子出産年齢は、7人に1人が 40歳以上、5人に1人が35歳以上となっている。しかし第一子を生むのに最も適した年齢は20―29歳だとDankovych医師は強調する。
一方、卵子凍結の専門家Elmira Ablyaeva氏は、出産を遅らせることを決めた女性のために、医学にできることがあると語った。

Surrogate motherhood is forced necessity, not commerce
[ForUm, 25 October 2012]

Ukrainian women increasingly delay motherhood for future
[ForUm, 25 October 2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2013-09-24 16:57 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)