人気ブログランキング |

欧州議会による代理出産調査

2013年7月8日、欧州議会の法務委員会は、EU各国の代理出産に関する法的状況についての調査研究を発表した。委員会は、EU諸国の多種多様な法的枠組みとそれに続いて起こる問題について明らかにするため、各国の代理出産法および政策に関する比較研究を行うことを2012年に命じていた。

これは、ヨーロッパの代理出産法に関する初めての包括的調査となる。
研究の結論をまとめると
・法的な管理体制は国によって大きく異なる
・代理出産は近年普及しているにも関わらず、EU諸国で実施されている代理出産のデータはごく僅かである
・国家レベル、国際レベルの両方において、代理出産政策は多岐にわたる。政策決定のためにはさらなる調査が必要である。特に、代理出産経験に関する定性調査が待たれる。
・この分野においてEUがアクションを起こすことも考えられるが、今の代理出産の全体的様相を考えると、地球規模でのアプローチが効果的であろう。

代理出産に関してEU法を作る計画は、今のところあがっていない。

A Comparative Study on the Regime of Surrogacy in EU Member States
Laurence BRUNET, et al.
European Parliament, 2013

Recognition of parental responsibility: biological parenthood v. legal parenthood, i.e. mutual recognition of surrogacy agreements: What is the current situation in the MS? Need for EU action?
Ass. Professor Velina Todorova, Bulgaria
European Parliament, 2010

New comparative study on surrogacy in the EU
[The European Parliament's Intergroup on LGBT Rights, July 8th, 2013]

EU harmonisation of surrogacy law: a pipe dream?
Claire Wood
[Lexology, July 9 2013]

A report on surrogacy presented to the European Parliament
[Généthique, 08/07/2013]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-09-12 11:48 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)