ウクライナ新法案

2012年2月、生殖補助医療の使用規制法案がウクライナ最高議会の第一読会を通過した。この法案には、以下のような新たな規制が含まれている。

1.母国で禁止されている不妊治療方法を患者が使用した場合、彼らは、ARTによって生まれた子供の親とはみなされない。

2.体外受精と胚移植プログラムをウクライナで受ける場合、胚移植の時点で女性の年齢が49歳を超えていてはならない。特別な事情がある場合は、厚生省の特別委員会の決定に従って年齢制限を上げる場合もある。

3.代理出産は、この方法が合法的に認められている国の国民のみが利用できる。

4.代理母と子供の間に遺伝的つながりがなく、依頼親の少なくとも一人が子供と遺伝的つながりがあることが、ウクライナで代理出産をする際の必要不可欠な条件である。

5.体外受精と胚移植に関する権利の実行は、ウクライナの現行法が指定する手順に従って実施される。

Украинкам старше 49 лет запретят рожать детей из пробирки
[life.obozrevatel.com 22 февраля]

BILL ON RESTRICTIONS FOR THE USE OF ART IN UKRAINE ADOPTED IN THE FIRST READING
[Ukrainian Surrogates, February 26, 2012]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2013-09-03 13:52 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)