人気ブログランキング |

代理出産児に性的虐待

ロシア人代理母が2005年に生んだ男の子が、生後すぐから何年にもわたって外国人ゲイカップルに性的搾取を受けていた事件をうけ、ロシア連邦の児童人権問題オンブズマン、パーヴェル・アスタホフ氏が、海外養子の取締を訴えている。

子供はセックスツーリズムに引きずり込まれていた。児童ポルノを撮影するためにカップルが子供を連れて行った国――フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリア――で、少なくとも他に8人の小児愛者がこの子供を性的に虐待している。

子供はすでに別のアメリカ人家族に引き取られ、長期にわたる医療的・心理的治療を受ける予定である。アスタホフ氏によると、今は子供のリハビリテーションを最優先し、子供の本国帰還については後日考えるという。

2005年、アメリカ人Mark Newtonと、彼のパートナーでニュージーランド人のPeter Truongは、8000ドルでロシア人代理母に子供の出産を依頼。彼らは「親」として子供を引き取り、その後2011年10月に逮捕されるまで、性的虐待の様子を何度も写真やビデオで撮影していた。子供は洗脳を受けており、性的虐待について口外しないよう訓練されていた。2010年には幸せなゲイ家族としてメディアに取り上げられたこともある。

警察は、このカップルが最初から性的に搾取する目的で子供を引き取ったとみている。Newtonは有罪となり懲役40年と子供に対する40万ドルの賠償金が科せられた。Truongはニュージーランドで判決待ちである。

これまでにも、外国人の小児愛者が、手に入りやすいロシア人孤児に目をつけるケースはしばしば起きている。海外への養子縁組を禁止にすることでこうした虐待をなくせるとアスタホフ氏は強調する。「国際的な反小児愛活動が、ロシアを現状から救い、こうした嗜好の者たちを罰し、子供を守ることになる。」と彼は言う。

Two Gay Men Used Russian Surrogate Mother to Create Boy for Sex Abuse Ring
[The Other McCain July 1, 2013]

Russian boy bought from surrogate mother to be sexually abused and video-taped
[Voice of Russia 1 July, 2013]

Australian pair in L.A. convicted for making child porn with ‘adopted son’ from Russia
By Michael Walsh
[NEW YORK DAILY NEWS June 29, 2013]

Australian surrogate boy abused by dads
[FOX NEWS July 03, 2013]

 “Two Dads are Better Than One”: pro-gay adoption ABC profile of convicted pedophile
[Wintery Knight, 07/01/2013]
2010年にカップルが取材を受けた時の様子が記載されている。

Issues of Forced Adoption and International Commercial Surrogacy
Chief Judge John Pascoe AO CVO
2 October 2013, Melbourne

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-08-29 14:40 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)