人気ブログランキング |

利他的代理出産の見極めは

香港の医療関係者が、これまでに2人の子供の代理出産を扱い、現在1件が進行中であることを南華早報に明かした。香港には代理出産に関する公式数字や記録がない。南華早報の記者が市内の有名不妊クリニックをいくつか調査したところ、代理出産の希望は増加していることが分かった。

香港人カップルの中には、「フィリピン人の友達」を代理母として連れてくる者もいる。こうした取引が違法な商業的代理出産なのかどうかをチェックすることは難しい。商業的な取引であれば2年の刑務所行きである。代理出産を希望する女性の中には、ガンで子宮をなくした者、生まれつき子宮のない者、妊娠出産に体が耐えられない者などがいる。

香港養和醫院のIVFセンター長Milton Leong Ka-hong医師は、「数年前に」代理出産を手がけ、健康な子供を取り上げた。使われた胚は、子宮機能不全の依頼母のものだったという。女性とそのパートナーは子供を切望しており、医師、ソーシャルワーカー、心理士、顧問弁護士らが前もってカウンセリングにあたったとLeong医師は語った。
「医師の役目は、困っている患者を助けるために最大の努力をすることです。カップルの親戚の女性が代理母になりました。今カップルは幸せで、赤ちゃんも健康です。」

CUHK-PWH Medical Centreも、数ヶ月前に別の代理出産契約で子供が生まれたことを明かしている。

1985年に香港初の体外受精児の誕生を手がけたLeong医師のもとには、週に1-2件の代理出産の問い合わせがあり、希望者は増えつつある。仕事や容姿など医学的でない理由での代理出産希望は断っている。

香港中文大學の産婦人科医Christopher Haines医師は、妊娠継続が困難な女性からの依頼を2件受け入れた。「最初のカップルは成功した。2件目は今継続中だ。」

ある私立クリニックの医師のもとには、「フィリピン人の友達」に代理母になってもらうという香港人カップルが2組来たことがある。「いかなる商業的代理出産も違法であることを、医師は忘れてはいけない。」と彼は言った。

しかし、利他的代理出産が認められている香港で、代理母を「友達」だと言い張った場合、金銭的やり取りが当事者間で行われているのかどうかを医師が見極めるのは非常に難しい。

HK has two surrogate mothers
Ella Lee
[South China Morning Post , 19 July, 2012]

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-06-28 16:56 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)