人気ブログランキング |

Status of Children (Assisted Reproduction Technology) Bill

Status of Children (Assisted Reproduction Technology) Bill
1章 序文
 1.はじめに
 2.解説

2章 生殖補助技術が用いられる場合の親子関係
 3.「母親」の定義
(1) 女性が生殖補助医療技術によって子供を妊娠した場合、その女性(本章では、出産女性と呼ぶ)を子供の母親とする。
(2) 出産女性が生殖補助医療を受けた場所がシンガポールであった場合も、そうでない場合も、共に(1) が適用される。
(3) 女性が(1)に基づいて母親であると認められた場合には、その他の女性が子供の母親とみなさることはない。
 4.「父親」の定義
(1) 出産女性が生殖補助医療を受けて妊娠した際に結婚しており、かつその際に妊娠した子供が出産女性の夫の精子を利用した結果である場合、当該夫を子供の父親とする。
(2) 出産女性が生殖補助医療を受けて妊娠した際に結婚しており、かつその際に妊娠した子供が出産女性の夫のものではない精子を利用した結果である場合、夫が治療に同意していなかったことが証明されない限り、当該夫を子供の父親とする。
(3) 出産女性が生殖補助医療を受けて妊娠した際に結婚しており、夫が治療に同意していなかった場合、子供が自分の精子によるものでないことを知りながら子供を夫婦の子供とすることを夫が認めるなら、その夫は子供の父親とみなされる。
(4) (2) のケースに当てはまる子供は、誕生の瞬間から夫婦の正式な子供とみなされる。
(5) (3) のケースに当てはまる子供は、出産女性の夫の同意が得られた瞬間から夫婦の正式な子供とみなされる。
(6)本章では、婚姻が無効であった場合でも、夫婦のどちらかあるいは双方が婚姻関係を有効と捉えるに足る状況であれば、婚姻関係にあったとみなす。
(7) (a) 出産女性が結婚していなかった場合
(b) 出産女性が生殖補助医療を受けて妊娠した時に事実上のパートナーがいた場合
(c) 出産女性が、事実上のパートナーの同意を治療時あるいはそれ以降に得て、子供を妊娠した場合
出産女性が、パートナーを子供の父親と認める要請を高等裁判所に提出する。
 5.夫の同意なく生殖補助技術が実施された場合
 6.卵子、胚、精子が誤って使用された場合の親子関係の主張について
   関係者は、裁判所に対し親子関係の主張を申し出ることができる
 7.2章の適用範囲
 8.規則
 9.裁判所規則

3章 雑則
 10.本法によって生じるEvidence Actの改正
 11.本法によって生じるLegitimacy Actの改正
 12.移行条項

Status of Children (Assisted Reproduction Technology) Bill

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-04-02 17:08 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)