人気ブログランキング |

フィリピンの大富豪が代理出産

フィリピンの香水ビジネスの大富豪として知られるJoel Cruz氏が、2012年9月に代理出産で双子を得て話題となった。香水ブランドの会社Aficionado Germany PerfumeのCEOである Cruz氏は、ゲイであることを以前から公表していた。

双子はPrince SeanとPrincess Synneの男女。モスクワの病院で、ロシア人女性から卵子提供を受け、ロシア人代理母から生まれた。代理母候補者の中から、自分の好みで代理母を選ぶことができたと、Cruz氏は話している。

フィリピン医師会の副会長であるLeo Olarte医師は、代理出産という選択は「親が決めること」ではあるが、「当事者たちは拘束力のある契約を結び、子供の処遇がきちんとなされるようにすべきである。」と語った。

今のところ、フィリピンには生殖補助医療に関する法律がない。外国人代理母から生まれる子供の国籍に関しても、定まった規定があるわけではない。
 

Gay perfumer has twins through surrogate
[ABS-CBNnews.com 12/13/2012]

Joel Cruz Looks Forward To Birth Of His Baby Twins
By ALEX VALENTIN BROSAS
[mb.com.ph September 3, 2012]

Perfume King Joel Cruz became a father of surrogate twins
[www.surrogacy.ru]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-02-27 14:32 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)