人気ブログランキング |

ベトナムの養子法

ベトナム養子法
No: 52/2010/QH12

1章 一般規定
 1条 適用範囲
 2条 養子縁組の目的
 3条 用語の定義
 4条 養子縁組締結にあたっての原則
 5条 代替家族の選別における優先順位
  1項 代替家族の選別における優先順位は以下である
   a)子供の継父、継母、実の叔母か叔父
   b)国内に永住するベトナム国民
   c)ベトナムに永住する外国人
   d)海外に在住するベトナム国民
   e)海外に永住する外国人
 6条 養親となる権利、および養子となる権利
 7条 恵まれない状況にある子供の保護に対する人道的支援の推奨
 8条 養子となる者の条件
  1項 16歳未満の子供
  2項 満16歳以上18歳未満の子供で、かつ以下の条件のどちらかにあたる場合
a)養親となるのが継父あるいは継母の場合、b)養親となるのが実の叔父あるいは叔母の場合
  3項 養親にできるのは、シングルである1人の人物、あるいは夫婦である2人の人物のみ
  4項 国は、孤児や捨て子、その他恵まれない状況にある子供の養子縁組を推奨する
 9条 養子縁組の登録を行う所轄
 10条 養子縁組終了の希望を処理する所轄
 11条 出生を知る権利の保証
 12条 養子縁組登録料、国際養子縁組締結の費用
 13条 禁止行為

2章 国内での養子縁組
 14条 養親となる者の条件
  1項 養親となる者は以下の条件を十分に満たしていなければならない
   a)行為能力を有している
   b)養子となる者より20歳以上年上である
   c)健康面、経済面、住居面において、子供の世話、養育、教育をすることが十分に可能である
   d)道徳的性質を備えている
  2項 以下の者は養子縁組できない
   a)未成年者に対する親権が制限されている
   b)教育機関あるいは医療機関で行政上の処分を受けている
   c)刑務所に服役中である
   d)以下のいずれかの罪を犯したことがある:他人の生命、健康、尊厳、名誉に対する意図的な侵害;自分の祖父母、または両親、配偶者、子供、孫に対する虐待や迫害;未成年者に法を犯すようそそのかしたり強制したりする、あるいは未成年犯罪者をかくまう; 子供の人身売買や不正交換、あるいは借金の肩代わりにする
  3項 継父母が子供を養子にする場合と実の叔母・叔父が甥姪を養子にする場合b,cを適用しない
 15条 子供の代替家族を見つける責任について

 18条 国内養子縁組の対象となる子供の関係書類
  1項 国内養子縁組の対象となる子供に関する必要書類一式は以下である。
   a)出生証明書
   b)県レベル以上の健康機関によって発行された健康診断書
   c)6ヶ月以内に撮影された、正面を向いた全身写真2枚
   d)捨て子の場合、子供が捨てられていた地域を担当する村レベル*の人民委員会か警察の記録;
    孤児の場合、実の親の死亡証明書、あるいは実の親の死亡を示す裁判所の判決記録;
    親が行方不明の場合、子供の親が行方不明であることを示す裁判所の判決記録;
    親に行為能力がない場合、子供の親に行為能力がないことを示す裁判所の判決記録
   e)施設にいる子供の場合、その子供の受け入れ決定の記録
*地方行政区は省(province)レベル、県(district)レベル、村/社(commune)レベルに分割されている

 21条 養子縁組ヘの同意
  1項 実の親の同意が必要。実の親が死亡、行方不明、行為能力なしの場合は後見人の同意を得る。
     養子となる子供が満9歳以上の場合は、子供本人の同意も必要。
  4項 実の親は、少なくとも子供が生後15日になってから、養子縁組に同意できる

3章 国際養子縁組
 28条 国際養子縁組が可能なケース
  1項 我国と養子縁組に関する取極のある国*に在住するベトナム人か、その国に永住する外国人が養親の場合
* bilateral adoption agreement (3年間などの期限付き)を2国間で結んでいる国のこと。ベトナムの一般的な乳幼児施設から養子を縁組することができる。それ以外の国は2項以下条件付き。
  2項 海外在住ベトナム人、外国に永住する外国人は、以下の場合特定の子供を養子にできる
   a)彼/彼女が養子となる子供の継父あるいは継母である場合
   b)彼/彼女が養子となる子供の実の叔母あるいは叔父である場合
   c)彼/彼女が養子となる子供の兄弟姉妹をすでに養子にしている場合
   d)彼/彼女が、身体障害者あるいはエイズその他危険な病気に感染した子供を養子にする場合
   e)彼/彼女が現在、仕事あるいは勉強で一年以上ベトナムに住んでいる場合
  3項 国内に永住するベトナム国民が、外国人の子供を養子にする場合
  4項 ベトナムに永住する外国人が、ベトナムの子供を養子にする場合

 29条 養親となる者の条件
  14条で定められた規定と同様とする
 30条 文書の領事認証について
 31条 養親となる者の関係書類
  1項 海外在住のベトナム国民または海外に永住する外国人がベトナム人を養子にする場合
   a)養子縁組を希望する書類
   b)旅券あるいはその代替となるものの写し
   c)ベトナムの養子縁組許可書
   d)心理状態と家族に関する記入済みの質問表
   e)健康診断書
   f)所得証明書と資産証明書
   g)裁判記録
   h)結婚歴に関する証明書
   i)本法28条2項に規定された特定の子供の養子縁組であることを証明する書類
  2項 1項b-hの文書は、養親となる者が永住する国の管轄機関によって作成・発行・認定される
  3項 養親となる者に関する書類は2組作成し、中央の養子縁組斡旋機関を通し法務省に提出する

 32条 国際養子縁組の対象となる子供の関係書類
  1項 国際養子縁組の対象となる子供に関する必要書類一式は以下である
   a)本法18条1項に規定された書類
   b)子供の目立った特徴、趣味や癖に関する記録
   c)本法15条2項の下で、国内の代替家族を見つけることが困難であったことを明記した文書
  2項 1項の文書は3組作成し、養子となる子供が永住する地域の省レベルの司法局に提出する
  3項 家族と暮らしている子供の書類は実の親か後見人が、施設の子供の書類は施設が作成する
 33条 子供の関係書類を検証・照合し、養子縁組の資格を確認する責任
  省レベルの司法局が、受取から20日以内に書類を検証し、21条に定めた人物を署名や指紋で確認
 34条 養親となる者の関係書類を検証・転送する責任
 35条 養子となる子供を紹介する根拠
 36条 養子となる子供紹介の一連過程
 37条 子供の国際養子縁組を認める決定、および養子となる子供の受け渡しについて
 38条 養子縁組証明書
 39条 養子となった子供の成長の通知義務
  
4章 政府養子縁組機関の責任

5章 履行規定
 2011.1.1より施行

No: 52/2010/QH12 LAW ON ADOPTION

ベトナム人乳幼児との国際養子縁組
日本とベトナム(bilateral adoption agreement なし)の国際養子縁組仲介

Adoption from Vietnam
イギリスとベトナム(bilateral adoption agreement なし)の国際養子縁組に関する在ベトナムイギリス大使館の情報

Minister Lenihan announces a bilateral adoption agreement between Ireland and Vietnam
アイルランドとベトナムがbilateral adoption agreement を結ぶ
[An Roinn Sláinte:Department of Health(アイルランド保健省), 16 July 2003]

Vietnam adoption deal brings relief to Irish couples
2009年に終了していたアイルランド-ベトナム間のbilateral adoption agreement 再開
By Kevin Doyle
[Herald.ie, September 22 2012]

Vietnam Adoption
アメリカ-ベトナム間では2005年にbilateral adoption agreementが結ばれ2008年に終了したまま



Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2013-01-31 16:56 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)