人気ブログランキング |

イタリアで超高齢出産が議論に

70歳と57歳のイタリア人夫婦に対し、裁判所が、現在2歳になるIVF児を育てるには高齢でしかも身勝手であると判断し、子供は養子に出されることになった。夫婦は生後1ヶ月の子供を40分間車内に放置するなど、適切な育児を行わなかったという。夜の10時に、泣いている子供を寝るまで車内に放置したなどの報告も近所からされている。

16ページに及ぶ判決の中で、裁判官は、高齢で子供を持つことを決めた夫婦を、利己的かつ自己陶酔的と評した。夫婦は過去に養子縁組の希望を2回申請したが、高齢を理由に却下されている。
「夫婦は、娘が大きくなる前に自分たちが亡くなるだろうという事実も、それ以前に、両親の助けを最も必要とする10代後半に年老いた両親の世話をしなくてはならなくなるということも、全く考えなかった。」と裁判官は裁定した。夫婦は「子供が欲しいという自己陶酔的な欲望」に駆られ、「子供の将来に関しては無関心」だった。娘は「遺伝技術の進歩がもたらす素晴らしい可能性の歪んだ適用の結果」であると裁判官は述べた。

夫婦はこの判断を不服とし、最高裁で争う予定。「高齢であるという理由だけで子供を取り上げられ、彼女に会うことも許されない。」と父親は立腹する。この裁判をきっかけに、イタリア国内では超高齢出産の是非についての議論が起こっている。

IVF toddler to be put up for adoption because of 'narcissistic' parents
By Nick Squires
[The Telegraph 25 Oct 2012]

Italian parents too old and selfish to look after child
By Nick Squires
[The Telegraph 16 Sep 2011]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-12-13 16:57 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)