人気ブログランキング |

インドネシアの不妊治療における性差別

Infertility,Womanhood and Motherhood in Contemporary Indonesia
 Linda Rae Bennett
 Gender and Sexuality in Asia and the Pacific Issue 28, March 2012

インドネシアで、不妊治療を受けたインドネシア人女性20人と、不妊治療の医師11人にインタビューを実施。不妊治療の現場で起きている性差別を明らかにしている。

医師は不妊に対する責任を、生物学的にも(女性の体の機能不全)社会的にも(教育やキャリアの追及)女性に負わせる傾向がある。それだけでなく、医師は、不妊治療がうまくいかなかった時にも、女性の生来の欠点のせいだと解釈する(ヒステリーのせい等)。その結果、女性は生物医学的な不妊治療の領域で、医師が管理すべき御しやすい身体として扱われる。不妊治療の領域における女性の下位はさらにガイドラインによって強化されている。このガイドラインが前提とするのは、すべての女性は母親になり、それ以外の役割やアイデンティティは認められない、また(夫以外との)セックス歴はあり得ないという性差別的な仮説である。対照的に、男性は過去にセックス歴があるものと理解されているが、女性と違い、御しやすい身体とはみなされない。男性が検査や治療に能動的に同意する権利は広く認められている。医師-患者間の相互関係を調査して明らかになったのは、女性患者に対する医師の態度が、結果的に質の低い不妊治療につながりうるということだった。差別的な態度に基づくこうした質の低いケアによって、女性は医師を信頼しなくなり、指示に従わなかったり治療を続ける気をなくしたりして、治療が失敗に終わることもある。

生物医学的な不妊治療の領域で起こる性差別の影響は多様である。女性が不妊治療の標的にされやすいということは、つまり、カップルに子供が出来ない時に女性が負う責任の方が大きいということである。女性由来の不妊ではない場合や、カップル双方に不妊の原因がある場合でも、多くのケースでこういうことが起きている。同時に、不妊治療を受ける男性が相対的にいないということは、適切なリプロダクティブケアを受けていないという点で、男性を差別していることにもなる。


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-04-26 16:59 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)