ウクライナのART法

ウクライナは、ART使用に関する法律を持ち、代理出産や卵子提供などについても不妊治療の枠組みの中で正式に認めている数少ない国の一つである。

The Family code of Ukraine 123条
・夫の同意を得た妻が、生殖補助医療により子供を出産した場合、その子供の父親は夫である。
・配偶者間で作成された受精卵が別の女性の子宮に移植された場合、生物学上の両親が法的な親として登録される。
・生殖補助医療技術により、夫の精子と別の女性の卵子で作成された受精卵が妻に移植され、子供が生まれた場合、夫婦が子供の法的な親として登録される。

The Law of Ukraine「ヘルスケアの基本原則」48条
・体外受精と胚移植は、保健省によって定められた条件と規則に従って実施される。実施には、医師の診断、女性が法定年齢に達していること、夫の同意を書面で得ていること、卵子ドナーの匿名、患者の治療記録の守秘が必要である。

Order 140/5 dated November 18th, 2003 Ministry of Justice of Ukraine 「登録法の改正について」2条2項
・夫婦間で作成された受精卵を別の女性に移植した場合、生まれた子供の出生登録は、その胚移植に夫婦が同意していたことを示す申立書に基づいて行われる。この場合、出産した女性の同意書、およびその女性が出産したことを証明する医療文書も添える。こうした手続きを踏めば、夫婦が法的な親として正式に登録される。

Civil Code of Ukraine 281条
・法定年齢に達した女性、男性は共に、医師の忠告および法の定めた条件と規則に基づき、生殖補助医療を利用する権利を有する。

Order 771 dated December 23rd, 2008 Ministry of Health of Ukraine「生殖補助医療の利用に関する指示」
・生殖補助医療技術を使用する治療は、認可された優良医療施設のみで実施できる。
・患者は生殖補助医療技術を使用する治療を利用する際、医療施設を自由に選ぶことができる。
・生殖補助医療は、医師の忠告、および保健省の認可した書式に基づく患者の同意書や申込書に従って実施される。
・法定年齢に達した女性および/または男性は、Civil Code of Ukraine 281条に従い、信頼のおける医師の忠告の下で生殖補助医療を利用する権利を有する。
・生殖補助医療技術を利用する医療行為は、ウクライナ法「ヘルスケアの基本原則」40条に従い、患者の治療記録の守秘義務が守られる。
・配偶子または胚の提供とは、不妊治療の過程で、第三者の配偶子(卵子、精子)または胚を提供してもらい、使用することである。胚移植は医師の指示に基づき、法定年齢に達した女性に対し実施される。また、患者の同意書、ドナーの匿名性、患者の治療記録の守秘が必要である。
・配偶子のドナーは、生まれてくる子供に対して一切の親権を持たない。

Legislative Acts
[Successful Parents Agency]

Сімейний кодекс України
Family Code of Ukraine 123条が生殖技術で生まれた子供に関する条項

НАКАЗ № 771 Про затвердження Інструкції про застосування допоміжних технологій
‘Instruction on Procedures for Assisted Reproductive Technologies’, Order of the Ministry of Health No. 771 of 12/23/2008

Основи законодавства України про охорону здоров'я
"Fundamentals of Health Legislation of Ukraine" 48条が体外受精に関する条項


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
[PR]
by technology0405 | 2012-03-30 16:43 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)