人気ブログランキング |

帰国トラブル(インド→ジャマイカ)

インドで代理出産によって生まれた息子に対し、セカンダラバード(ハイデラバードに隣接)の事務所がなかなかパスポートを発行しなかったことに腹を立て、生後2ヶ月足らずの子供を置き去りにしたアメリカ人女性J. Perllinda Vanburen Greenについての話題が、物議を醸している。

1月25日、Ms. Greenは子供を布にくるみ、ベランダに置き去りにしてパスポートセンターを出て行った。子供に気づいたセンターが警察に通報し、子どもと一緒に置いてあったカバンからRama Fertility Centre関連の書類を見つけ、女性の身元を突き止めた。警察が速やかに子供の旅券を発行させることを彼女に約束し、彼女は息子を引き取りに戻った。女性は15年前にジャマイカ国籍の夫と結婚したが子供が出来なかった。このアメリカ人女性は現在、夫とジャマイカに住んでいる。

女性は不妊センターとコンタクトを取り、夫の精子をハイデラバードに送った。そして、卵子提供をしてくれるインド人女性と契約を交わした。「こうして2011年12月7日に、代理出産で男の子が生まれた。」と地元警部補のS. Vinod KumarはHindu紙に語った。
Ms. Greenは息子をジャマイカに連れて帰るため3週間前にインドに入国し、1月19日に息子のパスポートを申請した。彼女は、4日後にパスポートを受け取るつもりでいた。

「彼女は約束の日にパスポートが発行されていなかったのでがっかりしたが、法的な問題が妨げになっていたようだ。」と警部補は言う。報道によると、パスポートセンターは、インド人の代理母から生まれたジャマイカ人の子供に旅券を発行してよいかどうか外務省に確認中だったという。

ハイデラバードにもデリーにもジャマイカの大使館はないため、このアメリカ人女性が子供のためにジャマイカのパスポートを手に入れることはできなかった。女性は、デリーに駐在するジャマイカ政府の名誉領事に相談したが、ハイデラバードのパスポートセンターに行くように言われただけだった。

「女性は子供と遺伝的なつながりがなかった。ICMRのガイドラインでは、子どもとの親子関係を証明するためのDNA検査が義務付けられている。」とパスポートセンターのK Srikar Reddy氏は言う。「彼女は、子どもは夫の精子で生まれたと言った。でも確証はないよね。DNA検査しか、それを証明できないんだ。精子は誰のでも使える。父親がここに来るか、(父親がインドに来ずに)照合検査をやるかのどちらかだ。」
「Ms. Greenのジャマイカ人の夫は一度もインドに来ておらず、彼について詳しいことが分からない。」
「Ms. Greenはアメリカ国籍で、子供のパスポートを申請した。我々が書類を調べたところ、子供が代理出産で生まれたことが分かった。卵子提供者はAndhra Pradesh州出身で、精子は夫のもの。夫は一度もインドに来ておらず、その精子は彼女が持ってきたものだ。彼女は病院と契約し、匿名の卵子提供と代理出産のサービスを購入した。」

卵子提供者は匿名なので、Mr. Greenは夫にDNAテストを受けさせるか、養子縁組をする必要がある。
「契約では、卵子ドナーは匿名だ。では我々はどうやって、このドナーがインド人であることを証明できる?こういうケースで名前は明かされない。だから、父親が本当の親であることをDNA検査で証明するか、養子縁組するしか方法がないんだ。夫婦が養子縁組すれば、旅券は発行する。」とReddyは続ける。
「この子供はインドの土地で生まれた。我々はちゃんとした親にこの子を渡さなければ。そのためには、DNA検査が絶対に必要だ。」

結局、センターは、ハイデラバード警察が提出する検証報告書に基づき、身分証を子供に発行することになった。警察によると、彼女はこの身分証を持って出国し、そのあとジャマイカのパスポートを取得することになる。

American woman causes a flutter at passport office in Secunderabad
[The HINDU January 26, 2012]

Surrogacy case: US woman leaves for Jamaica
[The HINDU February 10, 2012]

US woman seeks J'can passport for child born to surrogate mother in India
[Jamaica Observer February 10, 2012]

Baby without nationality may get travel papers
[IBN Live Jan 30, 2012]

その他関連記事
[The Times of India]

Dr. Rama's Institute for Fertility

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2012-02-16 16:40 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)