人気ブログランキング |

インドのIVF成功率

インドのIVFクリニックがうたう妊娠率はとても高い。30%から40%、時には50%を超える院内統計もWeb上に出されている。しかし実際には、妊娠率というのは、女性の年齢、移植胚の数、卵子提供などの要素によって大きく異なってくる。一般に、妊娠率が高いクリニックは双子や三つ子の出産が多い。また、妊娠率と生児出産率には隔たりがあるにも関わらず、高い妊娠率のみを強調するのは、患者に過度な期待と出費をさせる結果になりかねない。
2003年のICMARTの報告によると、インドのIVF出産率は24.8%となっている。

UKの監視機関は、IVFクリニックに対し、成功率を過大広告させないよう取締を強め始めた。UKでは年間15,000人の子供がIVFで誕生しているが、IVFによる生児出産率は25%を下回る。私立病院による過大広告のせいで、患者は不妊治療をあきらめず何千ポンドという金をつぎ込んでしまうという。NHSのガイドラインでは不妊カップルに対し3回までのIVFしか推奨していない。

インドのIVFクリニックは、その多くが私立病院であり、競争は激しい。移植胚の数を減らすこと、患者の肉体的・精神的・金銭的な負担を減らす方向に先進国は動いている。インドでも、こうした議論が生まれてくることを期待したい。


Infertility Treatment inIndia IVF Pregnancy Success Rates
[Med Access India ]

The baby business: Watchdog to crack down on the 'scandal' of IVF clinics
[The Independent 22 May 2011]


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-07-01 16:48 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)