人気ブログランキング |

インド ARTデータ

Indian Society of Assisted Reproductionによると、学会のメンバーであるクリニックから得られたデータ上では、2009年の体外受精総数は18000サイクルであった。しかし、インドの不妊クリニックの半分が抜け落ちているため、実際の総数はもっと多いと考えられる。

2000年のICMRの報告によると、一回のIVFサイクルにつき生児が誕生する率が20-30%、4サイクル後の累積妊娠率は60-70%である。インド全体のサイクル数や実施内容の内訳、誕生した子供の数などは不明。

インド国内でも、卵子提供を受けるインド人が増えている。西洋人は健康適正を最も考慮するが、インド人カップルが最もこだわるのはドナーのカーストである。カーストの一致は卵子提供を受ける際の大前提となる。

体外受精、卵子提供、代理出産などの生殖補助医療は、インド国民にも着実に広がっている。新法案設立に向け、生殖補助医療の実態をさらに国全体でまとめることが、インドにとって急務であるといえよう。

ICMR 会報 NEED AND FEASIBILITY OF PROVIDING ASSISTED TECHNOLOGIES FOR INFERTILITY MANAGEMENT IN RESOURCE-POOR SETTINGS
June-July, 2000

Designer babies, with an Indian twist
[Global Post September 21, 2010] 


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-06-03 12:14 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)