人気ブログランキング |

帰国トラブル(インド→アイスランド)

インドの代理母から生まれたアイスランド人カップルの子供が帰国トラブルに巻き込まれ、アイスランド国内で議論を呼んでいる。子供の名はJoel Faerseth Einarsson。2010年11月にJoelが生まれたインド・ターネの病院Origin Fertiliy Centreは、アイスランド人カップルを両親とする出生証明書を発行した。しかしアイスランドの内務省は、この出生証明書では不十分であるとし、インド政府の承認とDNA検査の結果を求めた。

内務省と総務省は互いに管轄をなすり付け合っている。アイスランド国会は例外的にJoelのアイスランド国籍を12月18日に認め、年が明けてからパスポートが発行された。アイスランドでは現在代理出産は認められていないが、代理出産を合法化しようという動きが高まってきている。最近の調査では、アイスランド国民の85%が代理出産の合法化を望んでいた。Joelはアイスランド国籍を認められた最初の代理出産児ということになる。

ちなみに2010年1月にインドで生まれたノルウェー人依頼による代理出産児は、1年たった今でも出国できずにいる。ノルウェー人の依頼人が親であると主張するインド側と、インド人代理母が母であると主張するノルウェーの間で解決は長引いており、ノルウェーのオスロは養子縁組も認めない構え。

Icelandic Couple Still Stranded in India with Baby
[Iceland Review Online 07.01.2011]

Iceland accepts surrogate baby born in Thane
[Hindustan Times December 21, 2010]

India’s Icelandic surrogate baby due home soon
[IceNews 29 January 2011]

Womb for Hire (NÁ)
[Iceland Review Online 05.02.2011]

India Surrrogacy Legislation – What’s Up & Coming….The Good, the Bad, & the Ugly
[Erickson Law 02 Feb 2011]

ノルウェー人の代理出産児の記事
Divergent laws leave twins stateless
[Times of India , Feb 2, 2011]

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-04-12 12:05 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)