人気ブログランキング |

代理出産サービスの台湾人逮捕 その後

2011年2月にタイ警察がバンコク郊外の2軒の家を捜査、15人のベトナム人女性が不法な代理出産サービスをさせられていた事件で、15人のうち4人は騙されて、残る11人は自ら進んで代理母になっていたことが分かった。女性たちは皆メコンデルタから来ており、家族は娘が代理母をしていることを知らなかった。

タイの当局は、当初計画されていた15人のベトナム人女性の帰国を取りやめ、タイの不法な代理出産事業について引き続き捜査することにした。現在妊娠中の代理母たちは出産を希望している。彼女たちは、依頼者、つまり子供と遺伝的につながりのある両親が報酬を支払うなら、彼らに子供を引き渡してもよいと言っている。

4人の台湾人と中国人1人、3人のミャンマー人がこの件で逮捕された。逮捕者には、事業を経営していた35歳の台湾人女性が含まれている。タイのベトナム大使館付き一等書記官Pham Minh Tuan氏は「タイの当局が代理母の本国送還を見合わせたのは、この事業に関わったバンコクの医者と病院の捜査がまだ途中だからだ。」と語った。代理母たちが帰国する日はまだ発表されていない。

タイのメディアは、少なくとも医者2人と病院2軒が現在、この件で取り調べを受けていると報じた。今回、ベトナム人女性の多くが台湾人カップルと代理出産契約を結んでいた。これらの台湾人カップルは、タイの方がベトナムより代理出産が容易に行えると考え、タイでの子供の受け渡しを希望していた。

代理母たちは、メコンデルタの貧困層の女性たちである。代理母の一人である19歳のPは、バクリュウの授産施設で家族と暮らし、魚を釣ってわずかな収入にしている。Pの母親は「娘は外国に働きに行ったと他の人から聞きました。娘からは、サイゴン(現在のホーチミン)に仕事を探しに行くとしか聞いていません。時々家にお金が送られてきました。」と言う。26歳の代理母Hの母親は、娘が何か月も電話してこないのを不思議に思っていた。「私の夫は病弱で働けません。私は洗濯物を洗ってわずかなお金を稼いでいます。Hは読み書きができないのですが、家族の借金を返そうとサイゴンで仕事を探していました。」

弁護士のNguyen Thanh Cong氏によると、子供はおそらくベトナム人女性の子供になるだろうという。ベトナムの国籍法では、シングルのベトナム人に生まれた子供にはベトナム国籍が与えられる。代理母が子供を手放すのは容易ではない。なぜなら、ベトナムの民法には、すべての親には子供を養育し保護する責任があると明記されているからである。

Cong氏は、親権争いになれば裁判所はベトナム人女性の側に味方するだろうと考えているが、ベトナムを含め多くの国がDNA検査によって家族関係を認知していることを考えると、依頼人の主張が通る可能性もあるという。

ベトナム人女性たちは、現在タイのノンタブリにあるKredtrakarn Center(人身売買された女性たちのシェルター)にいる。皆、ベトナムへの帰国を希望している。しかし、帰国してもしばらくは出産と育児で働けないため、生まれてくる子供への支援が必要であり、ベトナム政府がその支援を行う予定である。

Surrogate moms to give birth in Thailand
[Thanh Nien 3/11/2011]

Cabinet acknowledges visit to Vietnam by the Minister of Social Development and Human Security to return victims of human trafficking in surrogacy case
Royal Thai Government

Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-03-25 11:15 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)