人気ブログランキング |

ファトワーによる代理出産の禁止

ムスリムが多数派を占めるマレーシアで代理出産が増えつつあるという報告を受け、マレーシアのIslamic affairs department(イスラム宗教局)が、イスラム教は代理出産を禁じるというファトワーを出した。

「別の女性が妊娠するとなると、子供の実母が誰なのかという問題が出てくる。」とマレーシア最大の州スランゴール州のMat Jais Kamos氏は言う。「 代理出産はイスラム法の混乱を招く。特に相続に関してね。子供の血統、つまりその人間の相続権があやふやになるんだ。」

Mat Jais氏によると、代理出産を禁じるファトワーは2008年にNational Council of Islamic Religious Affairsからすでに出されていたという。ただ、その決定は最近までそれほど知られていなかった。「そうした形態の妊娠はイスラム法では受け入れられないと、ファトワーははっきり述べている。」とMat Jais氏は言う。

イスラム教では基本的に、婚姻関係にある夫婦の卵子と精子を使ったIVFのみが認められている。
「イスラムでは、結婚している男性の精子を別の女性の卵子と受精させることは認められていない。その男性と結婚していない女性が男の子供を妊娠するのは、不倫であり、違反とみなされるのだ。」

マレーシアでは代理出産が増えているが、それを取り締まる法律はない。 Islamic Affairs Departmentはある種の風紀警察の役割を果しており、宗教に違反したイスラム教徒を罰する権限を持っている。イスラム教の指導者は代理出産を認めないが、多様な民族からなるこの国には寛容な考えを持つ人々も多い。今後マレーシアで代理出産が政治的にどう扱われるか興味深い。

Surrogacy banned under Malaysian fatwa
[Straits Times Mar 1, 2011]

Surrogacy banned under Malaysian fatwa
[AFP Feb 28, 2011]

Surrogacy banned under Malaysian 2008 fatwa
[AL ARABIYA NEWS 01 March 2011]

Malaysian Fatwa Said Surrogacy Is Haram
[A Big Message ɹoɟ uɐ ǝpısdn uʍop plɹoʍ]

2008年のファトワ
Hukum Menggunakan Kaedah Khidmat Ibu Tumpang Untuk Mendapatkan Zuriat

マレーシア2008年ファトワ訳


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-03-04 11:02 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)