人気ブログランキング |

インドの代理出産VS養子の議論

第54回インド産科婦人科学会の一部として開かれた「代理出産VS養子」の会議に出席した産婦人科医たちが、インドが代理出産のハブ国になりつつある傾向に警告を発し、子供を欲しいカップルは、9か月間子宮をレンタルして既製品の赤ん坊を手にするより、養子を考えるべきだと主張した。

専門家によると、インドでは通常の出産ですら妊婦の死亡率は40人に1人になるという。「子宮を貸すということは、自分の健康も貸すということ。薬が致命的になることもあるし、後でがんに発展する可能性もある。金が欲しいばかりに、貧しい女性は医師による適切なカウンセリングも受けず、医師は同意書を正当に取り扱っていない。」とハイデラーバード市内に2つのIVFセンターを経営するSuma Kantipudi医師は発言した。

しかし、外国人カップルが「自分の」子供を持つ手助けをし、インドを代理出産国として有名にしたグジャラート州アナンドのNayna Patel医師は、貧しい家庭にとって大きな財政的助けだとして代理出産を擁護した。代理出産はカップルに「血のつながった子供」を与える点で、養子とは論理的に比較できないとPatel医師は言う。また、代理出産に関する健康被害はそれほど多くないことを指摘。これに対し養子派の医師は、多くのストリートチルドレンを抱えるインドで莫大な金額を代理出産に費やすのは不公平だと主張した。

子供に障害や神経疾患があると中絶になることを指摘する医師たちもいた。生まれた後に障害が判明した場合は、遺伝的つながりのある親が子供の受け取りを拒否する可能性が高い。中絶であっても、代理母がつらい経験をすることに変わりはない。

Assisted Reproductive Technology (regulation) Bill 2010のガイドラインでは、代理母になる資格があるのは35歳以下で依頼者と血縁関係のない女性となっている。しかし、義理の母が代理母になった例もあり、ガイドラインはきちんと守られていないとベテランの産婦人科医P. Balamba医師は言う。

インドのストリートチルドレンは数十万人と見積もられており、産婦人科医たちは、子供のいないカップルが彼らを養子にすれば、路上の子供の数が減るだろうと論じた。「長年産婦人科医をやってきた人間として、私は養子に賛成する。この国の養子縁組は手続きが厄介だ。孤児を養子にすれば、彼らに家族と保護を与えられる。」とP.V.Saraschandrika医師は述べた。

'Couples should go for adoptions'
[THE TIMES OF INDIA Jan 9, 2011]


Copyright(C) 2011 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2011-01-18 11:06 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)