人気ブログランキング |

人工授精かレイプか

個人病院を経営するインドの医師Dr Guptaがレイプの罪で2007年に看護婦に訴えられた事件が、最高裁に持ち込まれた。両者の主張が大きく食い違うこの事件の背景には、インドで増えている代理出産の問題が潜んでいる。

Gupta医師の申し立てによると、医師は、代理出産で子供を持とうとしている別の男性のために精子を提供した。しかし、看護婦は自分が人工授精で代理母になった後、医師を恐喝し金銭を要求するためにレイプの話をでっちあげたという。

最高裁は医師と子供との親子関係を確認するためのDNA検査をするよう指示したが、医師は、代理出産で生まれた子供を辱めるだけなのでDNA検査は必要でも合法でもないと主張している。「‘子供の将来にマイナスになる可能性がある場合、親子関係を証明するためのDNA検査はなされない’と決められている」と医師は主張する。確かに、代理出産を依頼した男性が子供の引き取りを望んでいる場合に、医師と子供の親子関係をDNA検査で確立するのは、子供の利益にならないとも考えられる。

この事件は、代理出産の依頼者も「看護婦にだまされた」と訴えており、医師が無罪になる可能性は高い。しかし、代理出産や配偶子提供についての法整備がなされない限り、こうした事件が再び起こる可能性は残る。

Nurse alleges rape, Supreme Court stays DNA test against doctor who claims innocence
[DNA , Mar 4, 2010]


Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-10-29 13:03 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)