人気ブログランキング |

シングルマザー、シングルファザー

ロシアでは、代理出産のサービスを受けられるのは原則的に婚姻関係にある夫婦のみとされてきたが、2009年8月にはシングルの女性が、2010年8月にはシングルの男性が、代理出産で生まれた子供の親として認められる判決を裁判所が出した。こうした判例によって、シングルの男女でも代理出産で子供を持つことが一般的になるかもしれない。

2010年8月4日、Babushkinsky District Court は、卵子提供と代理出産という手段で子供を得たシングルの男性を、子供の父親と認める判決を出した。シングルの男性が、代理出産で生まれた子供の父親であると裁判所に認められるケースは、ロシアで初めて。出生証明書には代理母の名前は記載されない。この代理出産はモスクワの Vita Nova IVF clinicが行なった。

2009年8月には、サンクトペテルブルグのKalininsky Regional Courtで、シングルの女性が、代理出産で得た子供の母親と認められ、出生証明書には代理母でなく女性の名前が記載された。

代理出産で子供を得たシングルファザーとしては、歌手のリッキー・マーティンやサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドなどが有名。いずれもアメリカ人の代理母による出産だといわれている。現在検討中の新法案には、独身者が代理出産サービスを利用できるという項目が含まれている。法案が成立すれば、ロシアでもこうしたケースが増えるのだろう。(M)


No wife needed: Single Men Can Become Dads through Surrogacy, Moscow Court Says. 
[Rosjurconsulting 20/08/2010]


Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-08-24 13:49 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)