人気ブログランキング |

代理母に対し中絶を強制

中国は2001年に、代理出産に関わる医療行為を禁ずる法律を出したが、実際には水面下で商業的代理出産は盛んに行われており、その状況に政府も見て見ぬふりをしてきた。しかし2009年2月、代理母が強制的に中絶させられるという事件が起こり、中国の代理出産業界に衝撃を与えた。

広東省の省都である広州で、若い代理母3人が代理母用のアパートにいたところを、地元の家族計画・治安職員(family planning and security officers )が発見。そのまま彼女たちを車に乗せ、病院に運び、その場で3人に無理やり中絶手術を受けさせたという。
職員たちは「女性らは皆、未婚であり、違法に代理母をしていた。3人は法に従い‘治療’措置を取ることに‘同意’した。」と述べている。

「このように無理やり連れ去って中絶手術を受けさせるのは、人権を侵す重大な犯罪行為。5年間やってきて、こうした問題は1度もなかった。」仲介業者China Surrogate Motherの創始者Lu Jinfeng

代理出産産業は、アンダーグラウンドで仲介業者と病院、医師たちがネットワークを形成し、広がりをみせている。代理母は通常、用意されたアパートに共同で妊娠期間をすごし、家事全般は業者に雇われた人にやってもらう。

「政府が何か行動を起こそうとしているサイン。政府は現状に気づき始めたんだ。たくさんの代理出産仲介業者が、組織産業のように多くの金を稼いでるってことにね。」香港バプテスト大学・中国家族計画問題の専門家Siu Yat-ming

「アンダーグラウンド産業はどのようなのものであれ、問題が起こる。なぜなら、業者が安全基準を守り、医療的・倫理的基準を考慮するという保証がないから。不透明性が付きまとう。」コロンビア大学医療センターの生命倫理学者Robert Klitzman

Forced abortions shake up China wombs-for-rent industry
[Reuters Apr 30, 2009 ]

China's Forced Abortions Spark Infertility, Surrogacy, Crackdown, More Abortions
[LifeNews.com May 1, 2009]


Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-08-20 15:36 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)