人気ブログランキング |

アルメニアの代理出産

アルメニアでは2002年の"Reproductive Health and Reproductive Human Rights"によって商業的な代理出産が合法化されているが、社会自体は保守的な空気がいまだに強い。

代理母の条件
1. 年齢は18-35歳。
2. 2か月間の検査が必要。
3. 自分の子供を持っている女性が望ましい。
4. ヒステリー性と思われる女性は認められない。
5. 広告、友人、知人を通して代理母を探す。
6. 妊娠中は流産を避けるため、移動に公共交通機関を使わない。タクシーのみ。
7. 妊娠中の性行為は禁止。
8.traditional surrogacyは禁止。

異性愛カップルだけでなく、個人や同性愛カップルでも代理出産を利用できる。国内に居住する外国人も利用可。
                                          (M)

「Law on Reproductive Health and Rights (ՀՀ օրենքը մարդու վերարտադրողական առողջության եվ վերարտադրողական իրավունքների մասին)」 → http://www.apec.am/am/additionalinformation/laws/77/
11条-19条が、代理出産を含む生殖補助医療関連。配偶子ドナーは金銭的補償を請求できる(14条)

History of IVF in Armenia
[Research Center of Maternal and Child Health Protection]

http://www.surrogacyclinics.com/surrogacy-in-armenia/

Study on Homophobia, Transphobia and Discrimination on
Grounds of Sexual Orientation and Gender Identity


http://www.policy.hu/ghazaryan/Interim%20Research%20Paper.pdf

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-06-11 15:14 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)