人気ブログランキング |

イスラエルの代理出産

代理出産の条件;

・代理母は原則として独身。例外的に結婚している女性も認めることがある。
・依頼者の親戚は不可。
・代理母になる女性は、20-40才とする。
・これまでの帝王切開は2回までとする。
・これまでの出産は5回までとする。
・依頼者(夫)の精子を使うこと。精子提供は禁止。
・代理母の卵子は使用しないこと。 (体外受精型の代理出産のみ)
・代理母と依頼者は同じ宗教であること。
・代理母が法律上の母となる。出産後、依頼者が養子縁組する。
・原則として、子供の引き渡しに関する代理母の心替わりは認められない。
・代理母の中絶の権利については容認。
・同性愛者(独身男性)は利用できない。
・関係者は全員イスラエル在住の成人であること。
・承認委員会の承認を受けること。委員会は7人で構成され、少なくとも男性3人と女性3人を含む。(婦人科医2人、内科医1人、臨床心理士1人、ソーシャルワーカー1人、市民の代表として法律家1人、関係者の宗教の聖職者1人)

The Surrogacy Arrangement act 1996
חוק הסכמים לנשיאת עוברים (אישור הסכם ומעמד היילוד), תשנ"ו 1996-

Brave new way to have a baby: Surrogacy law in Israel
By Deborah Opolion
[JEWISH UNITED FUND 2/2/2012]

WHAT DOES JEWISH LAW HAVE TO SAY ABOUT SURROGACY?
SCHECHTER ON JUDAISM Volume 7, Issue No. 3, December 2012
Rabbi Prof. David Golinkin

Religious issues color reproductive advances in Israel
by JANET SILVER GHENT
[J Weekly.com, June 19, 1998]
イスラエル初の代理出産は1998年Rambam Hospitalにて帝王切開で双子。

Copyright(C) 2010 SGRH. All Rights Reserved.
by technology0405 | 2010-06-08 14:29 | Countries | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)