Commercialization, Altruism, Clinical Practice: Seeking Explanation for similarities and differences in California and Canadian Gestational Surrogacy Outcomes. 2018

2010年から14年までカリフォルニアでは代理出産の件数が2倍、カナダで35%の伸びを示している。
この期間、カリフォルニアでは4677サイクルの代理出産、カナダでは1864サイクルが行われている。
2015年にカリフォルニアで行われた代理出産のうち44%が外国人の依頼者によるものであり、カナダでは同年33%の子どもが外国籍の親のもとに登録されたと考えられる。

カリフォルニアでは商業的代理出産が、カナダでは利他的代理出産のみが認められており、代理出産に関する法制度が異なるが、
どちらのデータも代理出産のケースでは、そうでないケースより多数胚移植が行われる傾向があり、その結果として多胎妊娠につながりやすい
ことがわかった。
依頼者のニーズとして、体外受精のコストをより少なくしたい、一度に双子が得られれば経済的であるということがあり、
代理母の側も、依頼者の希望に応えたいという利他的な気持ちから多数胚移植をより受け入れる傾向があるのではないかと推測される。

用いられたデータ
カリフォルニア: Centers for Disease Control and Prevention National Assisted Reproductive Technology Surveillance System (NASS)
カナダ: Canada's Assisted Reproduction Registry-Better Outcomes Registry and Network (CARTR-BORN)





[PR]
# by technology0405 | 2018-08-05 13:08 | Materials | Comments(0)
各国のARTに関する資料や記事を集めています (※ このブログに書かれている情報の信ぴょう性は各自でご判断ください)